本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 言うなれば「池田祭り 後編」ですか?
 咲のお情け槍槓でハコを脱した池田が調子に乗るも、しかし咲の手のひらで泳がされていただけだったという(^_^;)。
 ホント、調子に乗るとウザキャラに変身しますね池田ァは……。
 そこが面白キャラである部分でもあるのですが(笑)。

 しかし原作からわかっていたとはいえ、名台詞多すぎだわ、今回。

 「もし神がいるのなら、前に向かう者を好きでいてくれるはず!」
 「点差にあぐらをかいてのうのうとしている君に目に物を見せてあげよう」
 「さっきあたしを殺さなかったことを後悔させてやる・・・!!」


 そんな中、屈指の池田語録(笑)である

 「そろそろまぜろよ」

 も好きなのですが、わたしとしては

 「リーチせずにはいられないな」

 が好きです!(≧▽≦)
 「~せずには」「いられないな」って、言いますか、フツー!!!

 それと、惑い始めた衣に対して

 「早くツモれよ」

 は、凡セリフながら池田の調子ップリを表した良いセリフだったと思います(^_^;)。

 いろいろと応用がききそうなあたりが、池田語録の優秀さではないでしょうか(笑)。


 しかし本編では数え役満で復活したのも束の間、ゴミ手で親番流されてターン終了。
 池田はやっぱり池田でした(笑)。
 だから愛されるとも思えますけど~。


 衣以外の3人は回想シーンでパートナーとの絆を描いていて、その想いの強さが打ち手に反映されているカンジ?
 絆があっても踏み出せなかった加治木さんは、どうにももどかしい手で~。
 く……がんばってほしいッス!(≧△≦)
スポンサーサイト
<< 『ティアーズ・トゥ・ティアラ』#18 // HOME // 『僕と『彼女』の首なし死体』 白石かおる 著 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/997-856afb28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。