本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ふいー。
 24日はbambooさんのバースデーリサイタルへ行ってきて90年代ロックに飛び回ってきて、そのあと友人とお酒飲んできたらもうさすがにグダグダ。
 この週末は家でゆっくりして、ようやくダメージが抜けきったわ~。


 リサイタルのほうは、もー、面白かったわー、としか(´Д`)。
 普段のmilktubのライブに慣れてる(望んでいる)人や若い世代には80%くらいの満足感であったかもしれない不安がありますけれど、bambooさんと同年代とその前後あたりの世代にはド真ん中ストライクなセトリだったのではないかと。

 ZIGGY!
 JUN SKY WALKER(S) !
 THE BLUE HEARTS!
 ジッタリンジン!
 リンドバーグ!
 175R!

 やーっ、もうねもうね!(≧ω≦)
 カバー曲中心になると聞いていてどうなるものかと不安でもあったのですけれど、まさに杞憂。
 なんちうか、音楽を聴いて年取った「おまえたち(わたしたち!)」へ贈ってくれたかのようで。
 もちろんそれ以上にbambooさんが自分自身のルーツを歌い上げたのだとカンジたのですが!

 あ、ジッタリンジンは民安ともえさんが「夏祭り」を、リンドバーグはUR@Nさんが「Believe in Love」をカバーしてくれました。
 こっ、れっ、がっ、またーっ!!!(≧▽≦ノシ
 「Believe in Love」はサビのコーラス、おぼえてたよ、自分!(笑)
 だけど、Don't Stop!

 ゲストはそのお二人にくわえて、あとyozuca*がいらして「祝福の歌」を。
 もー、みなさん手を抜かないわー(´Д`)。


 ゲストと言えば、やっぱり!という雰囲気でニューロティカのカタルさんがいらっしゃってて!
 エロゲー会社社長が自分で企画したリサイタルとは思えない豪華さですよ、これ!
 そんな本家本元、ご本人も参加して歌う「ロックンロールエロゲー」(笑)。
 ありがとおー、ありがとおー♪(≧▽≦)

 昨年末のd2bライブにいらっしゃったあっちゃんはいらっしゃらなかったのですけれど(ロティカ、いまはお休み期間なのだそうで。なのにそこに引っ張り出されたカタルさん(笑))、あっちゃんからは花が贈られてきてました。

0726.jpg

 あー、そうそう。
 bambooさん、41歳になったんだよねー、おめでとー……って、違うわ!
 5歳も上乗せしてご自身と近づけようとするなんて、あっちゃん、やるなぁ(笑)。
 てか、あっちゃんの年齢もアレですけれど、カタルさんのお歳が43ってのも大概だったわ。
 な、なんてお若い人たちなの……。

 ちなみにLantisさんから贈られていた花には、きちんと年齢が間違わずに記されていましたとさー。


 でもって、今回のリサイタルを語るには、やはり前説とオープニングアクトに触れなきゃいかんのかなぁ……って気が。
 前説の前説はbambooさんご自身が出ていらして、これから続く前説とバンドの説明をされたのですがー。
 「最近話題になってるひらがな4文字で最後に『!』が付くアニメの声優さんを、オレのポケットマネーで呼んできました!」
 って発言に沸く場内。
 しかし現れたのは、『けいおん!』EDの澪の衣装に身を包んだOVERDRIVEに今年「バカ枠」で入社したと噂される「世界のO-muro」さんでした――っっっ!!!

 ……わかってた、わかってたよ、この展開はーっ!(T▽T)
 また衣装がさぁ、えらく凝ってて情けないやら感心するやら(笑)。
 バカを本気でやれる大人はスゲェと思いました。

 で、まあ、この展開でいくとオープニングアクトはわかろうもので。
 そんなO-muroや、原画の藤丸さんや社内ナンバー2のN崎さんとかで組んだ、『けいおん!』コピーバンド「放課後自慰時間」が歌う「ふわふわ時間」!!!
 もー、なにからなにまでこの人たちは……(笑)。
 公式サイトでのスタッフ日記で「新作発売のときは前座で」と書かれてましたけれど、以外と早くそのお披露目になりましたね~。


 ゲストのみなさんからbambooさんへ贈られたバースデーケーキ。
 しかし酸欠状態のステージではロウソクに火が灯らないという!!!
 ホント、マジで、どんだけ……(´Д`)。
 カバー曲中心のリサイタルでしたけれど、ECはやっぱり定番の「Happy Go!!」。
 激しく、熱い、夏の夜でした。


 でもって終演後は出口でTENGA EGGが配られて……。
 うわぁ……(´Д`)。
 どうしよう、これ……。


 新作のこととか、ipod版『キラ☆キラ』のこととか、milktubやUR@Nさんの新譜のこととか、いくつか今後のことについても話されてまして期待がふくらみます。
 Happy Birthday bambooさん。
 いつまでもロックバカでいてください(笑)。
スポンサーサイト
<< 『紫色のクオリア』 うえお久光 著 // HOME // 『恋の話を、しようか』 三上康明 著 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/982-8a5c17a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。