本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日はkotokoさんのライブツアー初日、横浜公演へ行ってきたー。

 とはいえアルバム発売とかないこの時期なので、予習とかまったくしていかなかったワケなのですがー。
 どうなることかと思いきや、いや、しかし、存外に楽しかったデス。

 相変わらずセトリなんて覚えているわたしではありませんし、まだツアー始まったばかりなので曲名とか並べ上げるのはマナー違反なので申し上げませんけれど。
 新旧織り交ぜてのセトリになっているので、復習はまだしも予習は無意味であったとだけは言っておきます!(笑)
 ふつーにkotokoさんファンだったら、今回のツアーは自然体で楽しめるんじゃないかなー。

 んで、思ったのですけれど。
 新旧織り交ぜて……とは言いましたけれど、もちろん売りは「新」のほうなので全体としてはそちらからそろえていったカンジ。
 新に合わせた旧……ってセトリになって感じたのは、kotokoさん、楽曲の雰囲気、変わった?ってことでした。
 ダンスビートやハウス系が控えめになって、メロディーラインをしっかりとそろえるような曲になったように感じました。

 なので以前と比べて「ものすごく」盛り上げるっちうかカマスようなアグレッシブさは潜んだのですけれど、聞かせる曲といいますか一体感あふれる曲が増えたカンジがします。
 キュンキュン系を期待していくと肩透かし間違いない今回のツアーですけれど、いまや代名詞ともなっていたその通り名や殻から打ち破っていくためのツアーであるのかなー……って印象でした。
 そんな風に感じたわたしは、今回の内容をこれまでと比較してパワーダウンだったとは思いませんし、「これからのkotoko」さんを模索するターニングポイントになるかもしれない大切なツアーになる予感がしています。

 ツアータイトルは「WARP」。
 デビューから5周年を迎え、過去の自分を超えていく姿勢がうかがえます。
 アルバムについては製作には入っているのだけれど発売に関してはまだ未定だとのことでしたが。
 これは次のアルバムが楽しみになってきましたヨー!


 MCがグダグダなのは相変わらずでしたが。
 冒頭、いきなり「沖縄のみんなー」って呼びかけたときはもう笑うしかなかったわ(笑)。
 いきなりツアー最終公演の沖縄ですか!!!

 これに始まり、途中途中のMCでもトンチンカンというか主旨のぼんやりしたトークが続くのですが。
 しかしそうしたグダグダっぷりにもあわてることなく、プログラム通りに進行する様は立派。
 成長しましたねぇ(T▽T)。


 今回のツアーからベースとドラムというリズム隊のおふたりが変わってました。
 残ったメンバーが星野さんとふるふるのお二人なので、メンバー同士がステージ上で絡むようなシーンが減ったカンジ。
 新規メンバーのおふたりはまだバンド内での立ち位置を掴みかねていたようでしたけれど、これから全国27公演も付き合っていけば、きっと楽しいキャラができあがっていくことでしょう。
 東京公演とか楽しみだわ(笑)。

 音については全体のバランスがいいな~って感じました。
 といっても、曲によっては出るトコ出るという察しの良さまでを含んでのバランスの良さなので、決して遠慮しているカンジではなかったです。
 ちょっとドラムのスネアが張っていたかな~って気がしましたけれど、もしかして個性かもしれないので、これはこれで良いかな??
 キレ良く聞こえて、わりと気持ちよかったデス(笑)。

 むしろギターの星野さんは、もっと前に出てきてもいいんじゃないかな~(^_^;)。


 時間が押すのもkotokoさんのLIVEの特徴ってわけで。
 物販も、開演も、どちらも15分押しでのスタートでした。
 特徴……なんですけれど、ここのスタッフはノウハウを蓄積するような学習意欲があるのか疑ってしまうわ。
 こと物販に関しては商品の陳列などに要する時間などは概算で見えてくるでしょうに、どうして「開始時刻」に合わせて行動するのか不思議。
 事前に並べるだけ並べて、開始時刻を待つだけにすればいいと思う……。

 列の消化に関してもスタッフの誘導が無いので押し合いへし合いだわ、購入後の退場口への動線にガチャガチャの待機列を作るものだから人が滞留してしまうわ……。
 こんな混雑っぷりを体感して、また「ああ、kotokoさんのLIVEだなぁ」なんていつもいつも感じるのは悲しいのですが、そうなんですよねぇ……。


 そんな物販、わたしが購入したのはラグランT(パープル)にタオル(ブラック)、そしてクッキー缶でした。
 先日開催された水樹奈々さんのLIVEではクッキーが高値で売り出されて賛否両論上がってましたけれど、こちらのクッキー缶はクッキー7枚とリストバンドが入って1,500円。
 スチール缶のしっかりしたものですし、1,500円ならむしろ「リストバンドにクッキーがおまけで付いてきた!」と考えれば別に高いものではない……っちうか、むしろ普通かクッキー分だけ安い気がします。
 ……まぁ、最大の難点は、缶の大きさが荷物になるってことなんでしょうけれど(^_^;)。


 アンコール2回が終わって、2時間30分の公演でした。
 1度目のアンコール前までが1時間半、アンコールはそれぞれ20分ちょっと、アンコールの間のインターバルはそれぞれ7分前後。
 きっちりとしたタイムスケジュール進行が気持ち悪くもありましたが、こうした仕事っぷりは嫌いではないです。



 そんな次第で、昨日楽しんだ影響で、今日は家でうだうだしていましたー。
 あしたからがんばる(笑)。
スポンサーサイト
<< 『PSYCHE』 唐辺葉介 著 // HOME // スクエニの編集は給料分の仕事をしているのか?というハナシ >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/977-370870be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。