本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 テニス全英選手権 ウィンブルドン男子決勝
 R・フェデラー選手 vs A・ロディック選手。
 5-7、7-6、7-6、3-6、16-14のフルセットの末、ロディック選手を破ったフェデラー選手が2年ぶり6度目の優勝を!
 も、燃えたわ~~~っっっ!!!
 16-14って……(´Д`)。


 第1セットがわりとサクサク進んでしまったので、これは早く終わるかな~と思ったのですがとんでもなかったです。
 それも第1セットの展開からだと、ロディック選手が……?とか思ったんですけどー。

 第1セット第11ゲーム、2回のブレークポイントをしのいでデュースに持ち込んでサービスキープしたロディック選手が、続く第12ゲーム、フェデラー選手のサービスゲームを1度のチャンスでブレークしたときは、おおっこれは……とか思いましたもん。
 ロディック選手の気合いが見えたようなカンジで。

 んがしかし、そこは王者フェデラー選手。
 第2、第3セットはタイブレークで取り返して貫禄を見せつけるという。
 しかーし、しかし。
 第4セットはロディック選手が取ってタイにして、もうどうなっちゃうの~???と興奮しながら最終セットへなだれこみ!
 いやはや、すごい試合でした。


 地元英国のマレー選手が準決勝で姿を消して決勝は少し盛り下がる雰囲気になったりしないのかなー……と気になっていたのですけれど、こういう試合を見ることができたら杞憂でしたね。
 やっぱり決勝は決勝としての別格の価値があったなー。


 フェデラー選手を研究したとの言葉通りロディック選手のサーブは綺麗に打ち分けられていて、結局第5セットまでブレークを許さなかった……のかな?
 セカンドサーブでのボディ狙いって、もう鬼気迫っていたわー。
 勝利を目指して全力尽くす、有言実行の姿ってこういうことなのかと。

 でもって試合後のコメントが潔い!
 「今日の試合をどう表現する?」と聞かれ「負けたよ」とひとこと。
 か……かっこいい(≧▽≦)。
 負けはしましたけれど、戦いに臨んだ姿として見事でした。


 今大会の優勝でフェデラー選手の四大大会通算優勝回数がサンプラス選手を抜いたとのことですが。
 それに関連してか現役引退したサンプラス氏が試合会場に来ていたのですけれどー。
 しかしゲームの途中で姿を現すのってどうかと思ったわー。

 記録に関わる当事者としてあの場にいることを望むなら、せめて試合開始前に席に着いていてほしかったかな……。
 そういう「有名人」なだけに、姿を見せたとき会場内の雰囲気が試合途中なのにフッと変わっちゃったんですよねー。
 フェデラー選手が第1セットを落としたのって、それが理由なんじゃ……と言っては、さすがにフェデラー選手を安く見ちゃってますか?(^_^;)



 ちなみに女子シングルス決勝はセリーナ選手とヴィーナス選手のウィリアムズ姉妹対決で。
 こちらは現時点での力量差が現れてのセリーナ選手が押し切った形でしたか。
 とはいえ数年前までのパワー一辺倒でなく、ゲームを組み立てる戦略性にエースやアングルショットを決められる高い技術をも見せてくれた素晴らしい試合だったと思います。

 たしかにサーブの威力はスピードやパワーともに女子選手のなかでは抜きん出ているものがあると思うのですけれど、あの外に切れていくサーブは多少スピードが落ちたところで受けられるものじゃないでしょ……。
 パワー未だ衰えず……なのは間違いないですけれど、いまそれはセリーナ選手の「ひとつの武器」でしかないと思うのです。
 ここぞというところでセンターに打ち込まれるサーブは強力であっても、それだけに頼ってゲームが成り立っているワケでは無いですし。
 コートを縦横無尽に駆け回ってボールに食らいついていく様は力が入ります!(≧△≦)


 だものでウィリアムズ姉妹が今年も決勝で対決することになり、しかも全英では過去10年において8回の大会がふたりのあいだで制されていることから――
 「(パワーテニス時代からの)世代交代が進んでいない」
 ――と酷評していた共同通信社はなにを見ていたのかなー……と思いました(WEBで該当記事が見つからなかったのですけれど、7月4日の日経朝刊から)。

 ふたりが頂点に立っていることで、なるほど世代交代が行われていないことは事実なのかもしれませんけれど、記事の本質は「パワーテニスへの興醒め」なのですよね。
 しかし世代交代は行われずとしても、テニスは変化している……と、わたしはふたりの戦いを見て思いました。

 選手の個性を一方向だけにラベリングして、それだけを抜き出して世界を語る。
 マスメディアって安いことをしているなー……と感じずにはいられなかった記事でした。
スポンサーサイト
<< 『鉄のエルフ1 炎が鍛えた闇』 クリス・エヴァンズ 著 // HOME // ゆっくりしすぎた日曜日、そこで耳にした驚きのニュース…… >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/956-84893025
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
メンタルタフネス 【2009/07/07 Tue】
週が始まる月曜日なのに&amp;#63831; 思いっきり夜更かしして&amp;#63723;しまうのは 昨年の死闘を超える&amp;#63670;大熱戦のため&amp;#63903; まずは 人気の社長blogランキングは→ここ←で確認 http://maturiya.blog107.fc2.com/blog-entry-956.html 表彰式なんだ
[ *シール堂公認* 楽勝!?シール堂印刷の社長ブログ ]
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。