本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日はバングラデシュ・フェスティバルへ行ってきたのですがー。
 人の入りとか出店数とか、代々木公園で行われる催しのなかでは一番少なかったんじゃないかってくらいの落ち着き加減(^_^;)。
 うーん……。
 まぁ、全く混んでないのはどうかと思ってしまうのですけれども、全体にゆっくりできるカンジはよろしいのではないかとー。


 食事のほうはスパイス効かせつつも全体には薄味方向。
 その代わりに量は多かった気が。
 チキンの串焼き?は30cmくらいの長さがスタンダードっぽかったですし、カレー系も皿いっぱいに盛られてきてました。
 薄味だけど量はある……ということで、こう、夢中になって食べる!というカンジでは無いんですよね~。
 普通に、ホントに御飯食べてるカンジっちうか(笑)。
 最後のほう、ちょっと食べきれないかも……なんて思ったの初めてだったわ!


 そのフードのお値段なのですが、600円とか450円とか端数なのですよ。
 混雑しているイベントですと合計を計算するとか釣り銭を渡すときとかに弱点になりそうですけれど、今日みたいな空いているところでは別に問題は無いですか(笑)。

 メニューも日本語ローカライズして表記してくれてないお店が多くて、掲げられていた写真とか現物を指して「これ!」ってやりとりしてきたわ。
 なんちうか、アットホームなのか本気でそれほど賑やかにはならないだろうと腹くくっているのかどちらかだと思った~(^_^;)。


 期待していたお酒はキングフィッシャーとかマハラジャとかインド系のものばかりで残念!(><)
 考えてみればお酒を造るような場所も目だった特産穀物も無いだけに、お国の色を出したお酒を造るのは難しい土地柄でしょうか。

 しかしそんなインドの色を漂わせていたイベントだったせいか、同じテーブルについた隣のカップルがひと言。

 「なんだかインドっぽいね」

 ……うぉーい!(><)
 高校での教科選択はやっぱり日本史ですか? 倫理ですか?
 わたしなんてバングラデシュとインドの関係を口にするのも憚ったというのに……(それは気にしすぎかー)。
スポンサーサイト
<< 『紅はくれなゐ』 鷹羽知 著 // HOME // 『走れ! T校バスケット部』 松崎洋 著 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/921-b3b7b19b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。