本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 F1では、KERSが来年から廃止……とかなんとか。
 しかし言ってるのがFOTAなので、それは現状FIAが唱えているバジェットキャップに反対している団体ですから、KERSが不在するGPが「F1」であるのかどうかは不透明ですよね~。
 ややもすれば――
 「KERSを不採用したGP」(FOTA陣営)と
 「KERSを採用したGP」(FIA陣営)という、ことなったふたつのGPが開催されている可能性はまだまだあるわけで。

 エントリーシート提出期限を過ぎても、やぱしまだまだゴタゴタは続いているという……。


 現有勢力からみるとFIAに“忠誠”を誓っているチームは中堅以下が多いですし、さらにはアロンソ選手やハミルトン選手などは新しいF1には参加しないことを(現時点では)表明してますしー。
 このまま両者の話がまとまらないまま進めば、来季のF1は全く異なったものになっていることは間違いないですか。

 ……とはいえ、穿った見方をするとアロンソ選手もハミルトン選手ももともと長くF1ドライバーを務める意志が無いことを以前から口にしていましたし、今回のことは単にその時期を早めたというだけなのかもしれませんがー。


 ひとりのファンとしてぶっちゃけると、いちばん気になっているのは「それが面白いのか」なんですよねー。
 名前だけF1を維持しても意味は無いワケで。
 「面白いF1」であることが、いちばん大事。

 KERSに限らず、新しいテクノロジーはそれだけでチャレンジングな存在なので俄然興味が湧くトコロなので、できれば前向きに検討していってほしいのですがー。
 うん。
 テクノロジーが有用であるかどうかは、正直「面白さ」の次点以下でしかないのです(^_^;)。
 もちろん有用であれば言うこと無いですが!

 有用でないテクノロジーがすなわち不利であることを必ずしも示すワケではないと思います。
 KERSにしたってマクラーレンやフェラーリのマシンを「抜きにくく」していることの要因のひとつになっていますし(それが本来の目的とは異なる使用意図であるにせよ)。
スポンサーサイト
<< 月へ、還る。 // HOME // 『たまごを持つように』 まはら三桃 著 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/917-45ada692
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。