本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 サッカー日本代表のW杯アジア最終予選 vsウズベキスタン。
 TV観戦していて、かーなーりっ、我慢を強いられた試合でした。
 五分どころか展開上は負けていたんじゃないかってくらい、最後まで緊迫した試合でした。
 運良く先制点取ったから良かったですけど、逆だったら引き分けも無かったのでは……?

 もっとも、その「運」を引き寄せた岡崎選手は大したものですが!
 「あいつならなんとかしてくれる!」と思わせる選手って、ホント貴重ですよね~。

 組織的に守ることは成功していたので押し込まれていても問題ない……って意見も目にしましたけれど、そーかなー。
 組織的に守っていた感は受けましたが、かなりいっぱいいっぱいで、何度かはその器の縁を水があふれたように見えましたけれど??

 そのあふれた水をもっとも効果的にすくっていたのは、わたしの目からは長谷部選手かな~。
 まさに欧州組の名に違わない働きぶり。
 最後にレッドで退場の憂き目に遭わされましたけれど、あれはねぇ……ちょっと……。

 押し込まれていただけに守備的な選手が目立っていたと思うのですが、それでも攻撃へと目を向けると、長友選手の疾走が印象的でした。
 最後まで駆け抜けてましたもんね~。
 大したスタミナですわ~。
 FC東京サポーターとしても嬉しい限り!(笑)

 反対にあまり芳しくなかった選手としては、中村俊輔選手に大久保選手、それと途中交代で入った矢野選手かなぁ。
 中村選手は危険なフィールポジションでのイージーミスが何度かありましたし、ちょっとらしくなかったかなあ……と。
 なんというか自分が相手にとってどれだけ警戒されて研究されてるのかを理解していなかったカンジ。
 結果としてそれが自分への過信となっていたような……。

 大久保選手は残念ながらいまのシステムに合ってないという印象がさらに強くなりました。
 それでもチャンスが少ないながらもありましたし、そこで得点していればまた違ったのでしょうけれど、決めきれず……。
 なんちうかひとつひとつのプレーがアバウトすぎる印象。
 くわえて言うなら、そのアバウトさが守備にまわったとき警告対象になる可能性があるのですよね。
 でもってフラストレーションが溜まったときの大久保選手のキレやすさは危険以外のなにものでないです。

 矢野選手はFWの交代選手という役割を理解しているのか疑問に見えました。
 あまり走ってないんですもの、あの人。
 疲労している他の選手の分まで走りなさいよ、もー。
 ボールを持たせたら走り出すのですけれど、決して俊足ドリブラーではないのにひとりで突出しちゃって、あげく包囲されてボールを奪われるという体たらく。
 もー、なにしているんだか……。

 いまや岡崎選手という期待の星が輝いているだけにFW陣には厳しくあたってしまうのかもですが。


 とまれ、これでW杯出場決定ってことで!
 前大会からしばらくして選手層に不安になった時期もありましたけれど、いやいやどうしてどうして。
 ここにきて以前にも増してチームとしての体が整ったような気がします。
 安定した守備ライン、ベテランと若手がかみ合った中盤、そして期待できるFW……。
 過去3大会に比べて、もっとも機能的で完成度の高いチームであるように思います。
 うーん、楽しみになってきました~!(≧▽≦)
スポンサーサイト
<< 脅威の末脚って、この日のウォッカみたいな脚のことを言うのね…… // HOME // プレッシャーとの恐ろしさが現実となった、サフィーナ選手の敗北。 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/911-a155a134
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。