本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 あはははーっ!
 お仕着せのルールにはめられるのがイヤで、乱暴と言われようが野蛮と言われようが熱情のおもむくままに動かずにいられない!って展開が燃えるわ!!!

 前回、月からの誘いでOCB加入の道に悩んでいたダン。
 お金があれば、身分があれば、そして月へ行けるのなら、妹の脚が治るかもしれない。
 ダンが悩むであろうことはここまでのお話で十分に描いてきているので、その想いの深さも知れようってものです。
 その悩む様子を溜めに溜を作って描ききったぁ~。
 だからこそダンが出した答えがまた素晴らしいモノになったワケで。

 その答えを出すにはツライ選択があったでしょうに……。
 でも、それでも、傷つく道を選んだとしても、気持ちを偽って生きることはできないと。
 えらいぞ、オトコノコ!(≧▽≦)

 ココとのことは悲しいすれ違いがあったのだなぁ……とわかって、もう、どうにもやるせないわー。
 自分のひと言が兄を縛ってしまったと気付いているからこそ、今回ダンが出した答えには嬉しかったんじゃないかなぁ、ココは(T▽T)。


 アイスマンとかセラが舞台を整えて、いよいよ満を持してのダン登場シーン。
 この作品って、クライマックスへのつなげ方や盛り上げ方がとても巧みだと思うー。
 なんちうか、膨張していく空気?気持ち?を表現しているっちうか。
 今回ですと思い切ってOPをなくしていきなりの本編スタートとか、型破りにもほどがあります。
 でも、それがダンの悩みの深さを表現しているようで違和感が無かったのですよねー。

 そしてクライマックスへと続く流れでは人々がエキサイトしていく様を描けているあたり、競技としてのスポーツより娯楽としてのスポーツに重点が置かれているのだなーと思います。
 そのあたり、ただの「スポーツもの」とは違うなー……という印象。


 これでいよいよシティを離れて諸国漫遊、武者修行の旅に出たダン一行。
 各地の強豪にもまれていって、そこからどう月の面々とつながっていくのか楽しみ~っ!(≧▽≦)
スポンサーサイト
<< 今季ナンバー1かもしれない、テベス選手のファンタスティックゴール! // HOME // 仕事に誇りをもっているなーって感じます 『けいおん!』#7 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/874-49a063d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。