本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日から一気に5末予定作品を初めとするPCソフトの動向が明らかになりました。
 そのなかでいくつか気に掛けていた作品について。


 『りんくす!~キミと精霊と使い魔と~』の発売日が「2009年春」から「発売未定」となりました。
 「現在完成している各要素をひとつの作品にまとめるには相当の時間が必要と判断」って、どういう意味なのかなぁ……。
 この言葉からですと、なにかこう、作業フロー? 全体スケジュール?みたいなものが存在していないような印象を受けるのですけれども……?
 全体を見通しているディレクターがいない……ようなカンジっちうか。

 新たな予定日を「夏」とも言わないことは、はたして是か非か。
 言わないのではなく「言えない」だけなのかもしれませんし、このことをもってして「賢明な」あるいは「殊勝な」判断とは言い難いトコロですわー。
 flapの作品は未体験なので、この状況からどう作品を仕上げていくのか興味深いです。


 で、一方では『花と乙女に祝福を』がマスターアップ、と。
 こちらはスケジュールをスケジュールとして、見事に仕上げてきたってカンジ。
 最初の予定日で発売するのが最良なのはもちろんですけれど、間に合わないと判断して切り直したスケジュールに正確に合わせるのも悪くない仕事をしているなー……という印象を受けるのです。
 きちんと状況を修正して、最悪を回避しつつベストを尽くすことは、オトナであると思うのです。


 ということは、アレですか。
 『さくらさくら』の発売延期なんて、オトナのやることじゃないってことですか?
 いや、アレはアレで、別次元のオトナの都合ってものが……(笑)。
 そんな次第ですから、この延期はもうすでにハートに織り込み済みなので全然サプライズじゃなかったですね!(笑)
 でも、先日は体験版の更新あったり、最近ではショップ特典のテレカの線画があがってきたりと、少しずつでも動いているのかな~?……と見せてはいたので、いままでの延期とは少し受け止め方が違っています。
 でも疑問形でしたが(笑)。

 ゴールが見えてからのマラソンはつらくない……と思いたいDEATH。


 むしろ『Dies irae Also sprach Zarathustra -die Wiederkunft-』の発売予定日が告知されたことのほうがオドロキ。
 作ってたんですね、ホントに(おい)。
 今年は例年になく夏発売ソフトが賑わいそうだなぁ。



 でもって、話は変わってCDのお話。
 yozuca*さんのベスト盤が発売されるそうなのですが……。
 収録曲がマジパネェので、のどから手が出ました。
 サーカス率が高いのは当然としても、それでも名曲揃いであることは疑いないワケで。
 わたしとしては少し高額になっても2枚組セットにしてくれたほうが良かったかなぁ。
 このリストですと、どちらとも手にしなければはじまらない気がするので(欲張り)。
スポンサーサイト
<< 仕事に誇りをもっているなーって感じます 『けいおん!』#7 // HOME // 着席スタイルのLiveかぁ……むむむ >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/872-a6461940
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。