本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 クローズドサークル、それも「館モノ」なんて舞台を用意しておきながら、読み手に推理の材料を与えずに名探偵が独断で解決するなんて、推理ミステリに謝れってカンジ。
 新本格に挑むかのごときガジェットを思いついたのは素晴らしいことですが、それを子どものように無邪気に披露して驚かせるだけにしかなっていないのは、ホントに醜悪……。


 椙本センセにどういう意図があったのか不明ですけれど、舞台背景からすれば今作はもう完全に推理ミステリですよね。
 しかも大がかりに仕組まれた奇抜なガジェットからすれば新本格よりの。
 そこまで見せつけておきながら読み手に推理の材料を与えずに「最後に意外な真相を名探偵が発見、披露開陳する」なんていうのは、もう自身の存在意義すら見失っているとしか思えません。

 今作が推理ミステリではなくキャラモノであっっというのであれば、それならそれで素直に頷けるところです。
 ですが物語の構造がそうではないと示しているわけで……。


 個々のキャラクターの描き方には魅力を感じたので、やたらに高尚さを見せつけようとする色気を見せず、ただキャラクター同士のやりとりに終始する群像劇のほうが似合っているような気がしました。


スポンサーサイト
<< ニワカでも楽しめた ave;newプロジェクト「帰ってきた!魂の決起集会 in 秋葉原」 // HOME // ブラウン氏の手腕を見せつけられたF1 スペインGP >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/865-c1ed6336
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。