本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 bk1で電撃文庫新刊を頼んだおり、なにか物足りなくて探していたら劇場版グレンラガンの主題歌CD『涙の種、笑顔の花』 があったのでポチリと。
 限定版あわせて3種あるのですが、しょこたんとmeg rockのライナーノーツを読みたかったのでアニメジャケット仕様を。
 どうしてもbk1は「書店」ってイメージがあるので、CD買うって行為に違和感がありましたが(^_^;)。

 で、注文から1日とかからずに届いたのでさっそく聞いているのですけれどもー。
 この曲、ジワジワときますわ。
 公開前はアニキを想う歌だと思っていたのですが、いま感じるのはやぱしニアを想う歌だなー。
 TV版には無かったあのラストに挿入されたシーンを思うと、もうそれしか……(TДT)。

 しかしもちろん大局的にはグレン団が辿ってきた道を示しているのではないかと。
 地中に閉じ込められていた人類が、どこまでも高みを目指して歩んでいく。
 グレン団が教えてくれた、天の高みに終わりはないということを歌っているのではないかなー。
 アルファマンを懐古する普通の立場のわたしたちの視点で。


 そしてカップリング曲も素晴らしいわ!
 ハイテンポなビート感っていうの? リズム隊の重ねられていくカンジが最高です。
 そんな中で歌われている内容がまた可愛らしくってさー。
 ピュアロックだね!(≧▽≦)
スポンサーサイト
<< ブラウン氏の手腕を見せつけられたF1 スペインGP // HOME // 『ミスマルカ興国物語Ⅳ』 林トモアキ 著 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/863-411cb507
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。