本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 無事?夫婦となって結ばれたエドガーとリディアが新婚旅行と称して青騎士ゆかりの地を訪れるというお話。
 うあー……。
 いよいよ「星子&宙太ふたり旅」の感がわたしにはしちゃって(笑)。

 でも以前には感じられたエドガーの張り詰めたところとかはかなり薄まったように思えました。
 余裕ができたっちうか、安心しているっちうか。
 リディアのほうにもエドガーとのあいだにあった壁が取り払われて、かなり距離が縮んだように感じます。
 卑猥な写真をエドガーが持っていたことを怒るなんて、以前はそう簡単ではなかったのではないかと。
 良識としての貞節を疑って怒っているのではなく、妻としてのポジションで怒っているのだなぁ……と思うと、かなり面白いです(^-^)。


 それでも喧嘩をしてしまうのは相変わらず……というトコロですか?
 しかしリディアの侍女のケリー曰く――

「アシェンバート家の夫婦ゲンカについて申し上げるなら、旦那さまに勝ち目はありませんわ」

 ――らしいですし、大丈夫でしょう(笑)。
 いままでも、これからも。
 実際、今巻でのやりとりを見ている限り、心配することが馬鹿らしくなってしまうくらいに愛らしい喧嘩ばかりで。
 もう少し、交わす言葉を多くしたほうが良いのではないかな~……って思うくらいでしょうか(でも、そうしたら物語が成り立たない(笑))。


 しかし今回の騒動のひとつが、夜伽のとき素肌を合わせるかどうかってことだとは……。
 この時代の夜伽って、そういう習慣だったんですねぇ。
 興味深い……。


 それにしても今回イチバンのサプライズは、アーミン再登場!ではなくて、ケリーの挿絵登場!ではないかと。
 うわっ、か、かわいい……!(≧▽≦)
 本文での活躍も十分ありましたし、さらにはレイブンから「年増」扱いされるというイジられキャラとしての地位も確立しました。
 なに、この存在感は!?(笑)

 レイブンやニコとのやりとりも今後は定番化するでしょうし、これはもう次巻あたり人物紹介ページへ登場してもおかしくないですよね!



 新婚旅行だというのに気の休まる間も無いリディアとエドガーですけれど、少しずつ青騎士伯爵としての足場を固めていっているワケで、どの出来事ひとつをとっても無駄では無いと感じられます。
 今回もそうですけれど、ふたりを助ける妖精が世界に増えてきているワケで。
 いつかそれがプリンスと対峙するときに大切になるのかなぁ……と楽しみにしています。


スポンサーサイト
<< 『ミスマルカ興国物語Ⅳ』 林トモアキ 著 // HOME // ワンラブジャマイカフェスティバル 2009 へ行ってきた~ >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/861-37270a8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。