本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 『アスラクライン』#3
 わかりやすい構図に落とし込もうとしてチープになっちゃっている感が。
 しかしそうして見せ場や盛り上げ感を用意しても、結局はまだまだ説明不足でただ勢いで済ませてしまっているように思うのですよー。
 そうであるのにキャラクターの立場での「わかっちゃってる」感だけは感じられるという。

 演出を見たときは見栄ポーズとかカメラ位置などに技術的意欲を感じるのですが、それも先走りしすぎのような。
 あくまで部分部分でしか発揮されない意欲なので、全体の統一感が無いのです。
 まるで「ここはわたしが仕事しました!」という証を立てているかのごとくの不整合さ。


 ところで。
 WEBで感想を巡っているなかで、あのタイトルロゴのデザインについて言及されているかたを見かけないのですけれど、あれ……受け入れられているってことなんでしょうか。
 原作のまったくデザインしていないロゴは使えないと理解できるのですけれど、いや、でも、しかし、アニメ版のロゴデザインもアリとは言えないなぁ、わたしは(^_^;)。


 『戦場のヴァルキュリア』#3
 戦略上の要衝だと双方理解している地点での哨戒行動って、あれでいいの……?
 簡単に渡河させちゃって……。
 上陸させる敵軍もザルだと思うけど、その行動を見過ごす形で許してしまう自軍も。
 大丈夫なの? 両軍とも!!(><)

 小隊が発足してアリシアがウェルキンの補佐というポジションに就いたことで、物語も落ち着いたカンジ。
 視点が定まったっちうか、その視点に安心感ができたっちうか。


 まー、しかし。
 結局「ダルクス人」ってなんなのよ?ってなりますけれど。
 ことあるごとにそれが理由で良かれ悪しかれイベントが発生してますけれど、こちらにはその理由が示されないものだからそれを理由とした行為にも理解ができないワケで。
 物語的謎であるならまだしも、この作品世界のなかでは一般的な事柄であるはずなのに(アリシアも知っているハズ)説明されないんですもん。
 のちのち必要になってくることは確実なこの流れの中で説明を避けているのは、スタッフの手のひら感があって嫌だなぁ……。
スポンサーサイト
<< 『タユタマ』#3 と 『咲 -Saki-』#3 // HOME // fripsideのいまと、F1中国GP >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/829-79c800de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。