本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 SONYが先日発表したポケットスタイルPC“Type-P”。
 携帯性に富むPC、またはセカンドマシンとしてのPCを求めていた人には新しい選択肢となりました。
 Type-Pを見せられて、ようやくその「携帯性」や「セカンドマシン」という価値への各社のアピールの仕方の違いがわかったような。
 UMPCとしても、たとえばNetbookというものは普通に「ファーストマシン」からいろいろなものを削ってそこへたどり着く、上流から下流へ流れていくような感覚で。
 Type-Pは必要なものを揃えていって目的地へたどりつく、いわば海から山を目指すような感覚。
 どちらがよいのかという議論は不毛。


 わたしなどはこの新しい選択肢に興奮気味なので、今日、仕事の合間にその昂ぶる気持ちを語ったのですけれど。
 でも話した人の大半の反応が、わりに冷めたものだったのでガッカリ。
 さらに言えばその多くの人が「もっと安いほうがいいよー」「SONYって高いよ」だったのには悲しくなったわー。

 そりゃね、5万円と10万円を比べれば5万円のほうが安いですよ。
 んでも「必要なものが足りてない」5万円と、「希望が叶えられる」10万円、そのどちらが「価値」として安かったり高かったりするんでしょうか?(><)

 で、気付いたのは、Type-Pに興奮している人って「自分の用途が見えている」人ばかりなんじゃないかって。
 単に持ち運びをするだけでなく、家の外でどういう作業をPCで行うのか。
 自分の使い方のなかで最優先したい機能はどこなのか。
 そういう部分を見据えている人にしか、この手のニューアイテムは受け入れられないのかなーとか思ったりして。


 ってことは、アレでしょうか。
 Type-Pは「欲しい!」と元々思える人にはその魅力が伝わっているけれど、それほど積極的に買いに行こうと思っていない人にはその魅力が伝わっていないのかも?
 SONYは懸命に「ポケットスタイル」と銘打って、新しいスタイルを提唱していますけれども。
 ハズしてるのか、SONY!!!?
 まぁ、最近の若い衆はプライベートではPCは使わないって聞きますしねー。


 ……余談ですけれど、そーゆーポイントを押さえてない人ほど「どんなPC買ったらいい?」とか尋ねてくるような気がします。
 面倒なのでいつも「DELL買っておけば?」と返答しているのですけれど、「買ったよ!」という返事をもらったおぼえがありません。
 常に「どれ買ったらいい?」状態といいますかー(^_^;)。
スポンサーサイト
<< 「さくらさくら」の延期は管理の問題ではなく、もはや才能の問題では? // HOME // インディアナポリス vs サンディエゴ が熱かった! >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/706-e34012a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。