本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 暖房もかけてないのに室温が20℃もあるんですけれど?
 どーりでダウンのベストを着ていると気持ちが悪くなるワケです。
 どうなっているんですか、これーっ!!!

 日中、南風が吹いていたのでこれは温かくなるなぁ……と思ってはいましたけれど、よもここまでとは。


 そんな昼間は予定通り今日もアキバ詣でしてきたわけですが。
 昨日の失敗を懲りて探し物のリストを作ったのですけれども、今度はそのリストを持ってくるのを忘れるという始末(笑)。
 もー、どうしようかと思って、昨日のリスト作りの記憶を頼って店々の棚を探すか、あるいはネカフェに入って二度手間承知でPCで検索するかなど考えたのですがー。
 結局、携帯から検索かけてその場をしのぎました。
 うあー、スマートフォン、欲しいなぁ……(T▽T)。


 いちおう最低限の資料はそろったので、これであとは年末まで気合いで作業です。



 そんなことをしながらM-1グランプリを見ていたのですけれどもー。
 オードリーは決勝第1ラウンドで披露したネタのほうが面白かったような気がします。
 ちうか、あれが全参加者を通しても最高だったような。
 そして短期間に二回も見せられるとインパクトが薄まってしまいますね、オードリーの芸は(苦笑)。

 いや、わたしは好きだったですよ?
 優勝したNON STYLEより。
 でも決勝ファイナルラウンドでのネタは「演説を聴いている観衆の中に春日がいた」というあたりがピークだったような。
 そんな中盤に盛り上がりがあって、終盤へ向けては勢いがなくなっていったカンジ。
 かわってNON STYLEは最高値ではオードリーに及ばないまでも、終盤までテンションを維持できていた点が勝因かなー……と思います。

 紳介さんに気に入られたかどうか、でもなく、吉本興業と非・吉本が交互に受賞するシステムで今年は吉本の年、でもない……と思いたいデス(^_^;)。
スポンサーサイト
<< 『ラドウィンの冒険』 水藤朋彦 著 // HOME // 『動物学科空手道部1年 高田トモ!』 片川優子 著 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/692-f37b4210
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。