本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 こっちもこっちでなんだかわからないままにお話が進んでいきますけれどもー。
 そこはキャシャーンの記憶が失われているというポイントとも関係していきますし、今後真相が明らかにされていく展開が楽しみのような。
 絵のほうもややディフォルメが入った動きはしなやかで勢いを感じますし、なにより動きでシーンを繋いでいくことにアニメーションを見ているのだなぁ……と見入ってしまいました。

 キャシャーンの声は古谷徹さんなのですけれど、最近古谷さんはあちこちでご活躍されていますねぇ。
 『ワールドデストラクション』の勇者役はちょっと驚きの方向性でしたが、悲哀を背負うキャシャーンの役はハマッてるなーと思います。

 馬越嘉彦の絵はやっぱり馬越さんだなーって(^-^;)。
 んでもこれくらい個性を持った人でないとキャシャーンの知名度に負けてしまうのかも。
 決して子供向けなタッチではないですもんね、今回。
スポンサーサイト
<< 『諏訪に落ちる夕陽』 ながと帰葉 著 // HOME // 清々しいまでの一見さんお断り(笑)な『ヴァンパイア騎士 Guilty』#1 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/624-aacbc145
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。