本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ナマステーッ!
 サリー美女目当てに行ってきましたよ、ナマステ・インディア へ!
 季節もちょうど変わり目。
 暑さから涼しい空気へと変わる中で、気持ちの良いイベント……のハズでしたが、なんじゃーっ、この人だかりはーっ!!
 スリランカ、ベトナムと続けてイベント参加してきましたけれど、人数規模で言えば一番でしょうか。
 やはり知名度かなぁ……。

 知名度に通じるのかもですけれど、イメージが湧きやすいってこともあるのかも。
 カレーとサリーの国とかー。

2種のカレーセット
 わたしがオススメだったのは入ってすぐのところに店を構えていらっしゃった「ディップマハル」というお店。
 サグカレー(ほうれん草カレー)があったのってここだけだったんですもん!

 おまけに通常より100円増しにはなりますけれど、こうして2つのカレーをチョイスできるセットもあってお得感ありありです。

 ちなみにサグカレーと合わせたのは日替わりカレー。
 今日はジャガイモとチキンのカレーでしたけれど、これが後からジワッとくる辛さでねー。
 わりとマイルド系だったサグカレーとの組み合わせはベターだったように思います。

 それとここのお店に限らずですけれど、ナンを単品で売っているお店だったら1枚追加で頼んでおいた方がいいかも。
 カレーの量が結構あるので、1枚だけだと残るっちうかー。
 2人で1プレートをシェアするのも良いかも~。
 そのほうがいろいろと食べ比べできますしー。

 ……ひとりで行ったわたしは、食べ過ぎで胸焼けしてるんです、いま(T▽T)。
 みんな、かぽーで行けばいいさ。
 いいさ!(>△<)

 そしてもちろん食べるからには呑む!てなもんで、今回も、はい、嗜んできました(嗜むってレベルじゃねーぞ)。
 インドのビールといえばまずはキングフィッシャー!
 軽い口当たりで日本人にも向いていると思います。

 そのほかにはマハラジャにタージマハルもあったよー。
 今回はねぇ、お酒の種類がたくさんあって楽しかった~♪
 ヒンドゥーの国だからイスラムより、そのあたりは厳しくないのかしらかしら?
 なんとねぇ、ワインとかラムとかもあったの!
ラム酒

 上の画像はマクドゥエル?とかいうラム(ラムにも2種類あったの!)。
 1ショットしかなかったのですけれど、昼間に呑むぶんにはこれくらいがちょーどいいのかも。
 適度でないと飲み比べも出来ないしね!(普通しません)

 全体の感想で言えばスパークリングワインが気に入ったかなーと。
 ワインの酸味と炭酸の爽快さがスパイシーな料理に合っているっちうか~。
 わたし的にはインドのビールといえばイーグルビールも思い浮かべるのですけれど、今回は残念ながらみかけませんでした。
 うーん……。
 インド国内シェア的に弱いのかなぁ……。

  
串打ちしタンドリーチキンマンゴーアイスクリーム


 あとオススメなのは串打ちのタンドリーチキンとマンゴーアイスクリーム。
 タンドリーチキンはあちこちのお店で売られていましたけれど、骨付きピースで売られているのはやぱし食べにくいところがありますし。
 その点、串なら食べやすくて移動にも不都合無いですしー。
 お値段的にもあまりかわりませんことよ?

 この串を左手に持っているとき、右手にはビールがありましたとさ。
 ワイルドすぎるっ!(笑)

 でもってマンゴーアイスクリーム。
 見かけソフトクリームなんですけれど、舌触りはやっぱりアイスクリームかなぁ……。
 中にはマンゴーの果肉も入っていて、さらにここ、コーンの下の方までつまっていたんです!
 うまーっ! うまーっ!(≧▽≦)
 マンゴージュースのほうが目立っていましたけれど、スパイシーな料理に飽いたころのお口直しには断然アイスをオススメするねっ!


 いろいろ食べて呑んでの最後はチャイで締め。
 優しい甘さに満足感が~♪


 今回は急いでなかったので、食べながら途中ステージもしっかりと見ていました。
 さすが映画大国っちうか、踊りと音楽のウェイトはスリランカやベトナムのそれとは明らかに異なっているように感じます。
 重要なひとつの要素になっているっちうかー。

 現代風の踊りから古典っぽいものまで、いろいろ楽しめるステージでした。


 サリーをはじめとした衣料関係も充実していましたなぁ。
 しかも2000円弱から手にできるという価格設定。
 エスニック系を狙っている人は探してみるとイインジャナイカナ。


 で、期待していたサリー美女はあまりいなかったというオチ。
 ちうかサリーを着ていた人自体、あまり見かけなかったのですけれども……?
 もしかしてこういう場に着てくる服装じゃないのかなー??
 それも時代性?

 そんな次第でちょっとがっかりー……と消沈(あれだけ飲み食いしておいてなにを言うか)しながら会場をあとにしようとしたところ!
 背の丈……140cmくらいのインド系のオンナノコと遭遇!!
 その子の顔が、んもーっ!ちっちゃくて!!
 しかも、えーっと、あれ……2つのふくらみがしっかりと子供から大人へ成長しているんだよーって主張しているくらいになっていまして……ですね?
 そのときのわたしの心境というかココロに浮かんだ言葉。


「どこの

ストライクウィッチーズ!?」



 ホントにっ、ホントーにっ、あの作品みたいな容姿だったんですよーっ!!!(≧△≦)
 あえて誰を思い浮かべたのかは言いますまい(笑)。
 もう、酔いが覚めるくらいのドキドキ感!!
 いやー、素敵なものを見ちゃったな~。
 明日からもがんばる~!(≧▽≦)
スポンサーサイト
<< 日本GPでのロッシ選手の走りは王者のそれだよねぇ…… // HOME // 『聖剣の刀鍛冶3』 三浦勇雄 著 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/607-57874cad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。