本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 『Tears To Tiara THE COMPLETE GUIDE』を買ってみたのですけれどもー。
 なに、これ、攻略ばっかの本なのねー。
 しかも電撃らしい大味っちうかアバウトな攻略。
 イベント絵の扱いなんて十把一絡げだし、ストーリー解説なんてプロット並みだし。

 自分、ゲーム本編のほうを未プレイなのでもしかしたらストーリーなんて追う必要もないくらいにオマケみたいなストラテジーゲームだったのかもしれないですがー。
 だとすれば、こういう構成もわからないでは、ないです、……がー。
 攻略なんてWebで探せば容易に見つかるご時世、攻略に絞った紙メディアってどれほど有価なのかなーとわたしは思ってしまいます。

 各キャラの詳細とかイベント解説、開発スタッフへのインタビューやコメント、本編から少しはなれたショートストーリーとか、紙メディアで展開するに相応しい内容ってあるでしょうに。
 オビで「怒濤のステージ攻略&データベース」と銘打たれていますけれど、そんなのもらった資料をまとめれば済んでしまうことですし。

 「イラスト大量掲載!」とかもさー、ショップ特典テレカ画像くらいはまとめてみてよ……。
 イベント絵、立ち絵を除いたイラストって6ページしか無いんですけれど……大量?
 しかも、そのうちの1ページは描き下ろしとはいえ表紙絵……。

 あー。
 電撃編集の攻略本の「紙面デザイン」は好きです。
 感覚的に見やすいので。
 ですから「資料をまとめる」というのも大切な仕事だとはわかっていますけれど、それだけで魅力的な商品になっているかというのはまた別のお話ですし。
 すくなくともわたしには貧弱な企画内容であり残念な本であったことは間違いないです。

 ムラさまのインタビューとはいかないまでもコメントくらいあると思ったのさ……(T▽T)。
スポンサーサイト
<< アオザイ美女と美味しいモノで倖せになれたベトナム・フェスティバル! // HOME // あなたたちの覚悟を見せてもらったよ、FC東京の選手のみなさん! >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/596-60b45a22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。