本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 身売りされてきたオンナノコが妓女とは名ばかりの雑女として宮仕えをしているうちに、偶然、皇太子と出会い、見初められ、身分差を乗り越えて結ばれるお話。

 くあーっ!
 古典ッ、古典過ぎる!
 だが、それがいい!!(≧▽≦)

 雑女としていいように扱われて苦難の日々のなかにおいても、主人公の愛鈴は自分を見失わずに前向きに生きている姿が好感。
 しかもどうしてそこまで耐えていられるのかといえば、まだ宮中に連れてこられた幼い頃に出会った皇太子 慧俊との思い出があるからであり、彼との約束をはたすためにはくじけてなんかいられないという強い気概をもっているからで。

 嫌味を個性と勘違いしているようなキャラ造形が少なくない昨今、愛鈴の素直さと前向きさは非常に、ひっじょーぉにっ!眩しすぎます!(><)


 太子の慧俊もさー、愛鈴ラブラブだってことを隠さないところが気持ちいいですよねー。
 しかも愛鈴と出会ってから数年ものあいだ彼女を放っておいてなにをしていたかといえば、太子としての立場と帝位継承者としての自分を強くするために努力していたとあっては、なによ、この男前わーっ!てなカンジですよ、もう。
 慧俊もまた恋する気持ちに舞い上がったりせず、大切な人のためになにできるのか、なにをすべきなのかを考えられる人なのですよねー。
 いやぁ、もう、素敵なカップルですわー(≧▽≦)。


 『舞姫恋風伝』のタイトルが示すように「舞」が重要なファクターになっている点が物語として納得いったかなー。
 愛している気持ちだけでも十分ふたりが結ばれる理由にはなるのですけれど、物語として立ちはだかる障害に対して、愛鈴が体得する舞が切り札になっているワケで。
 障害を乗り越えるにたる理由であり、愛鈴が選んだ勇気と努力の結果に体得したものだと素直に納得できるといいましょうか。

 もっちろん、慧俊も身を張って愛鈴と結ばれるためにがんばったワケでー。
 ああっ、もう、このふたりってば!!!



 慧俊×愛鈴 のカップルのほかに、ふたりの友人である慈雲と佳葉のカップルも素敵だわー。
 べたすぎる「素直になれない幼なじみカップル」(´Д`)。
 そんなハッキリしない関係だったふたりが、愛鈴をも巻き込んだ帝位継承問題でゴタゴタしているあいだに急接近してプロポーズしてOKして……って、あははははーっ!!!
 長年慎んできた反動?でどさくさにまぎれて勢いでGO!ってなカンジが面白すぎます!!



 ひゃー、もー。
 こんなベタ甘カップルのお話があるなんて、ルルル文庫もあなどれないわー(笑)。


スポンサーサイト
<< 15分ドラマでも甘過ぎておなかいっぱいな『舞姫恋風伝』ドラマCD // HOME // 『嘘つきは姫君のはじまり 見習い姫の災難』 松田志乃ぶ 著 >>
 はじめまして、riri-と申します\(^0^)/
 舞姫恋風伝 面白いですよね。
 最近読んだので、つい検索したら取り扱っている方がいらっしゃって感激です^^
 愛鈴と慧俊はもちろんですけど、私も佳葉と慈雲が大好きです。
 管理人様は他にはどんな小説を読んでいらっしゃるんでしょうか?
 
 
 では、いきなりお邪魔したりして失礼しました~ノシ
【2009/09/05 Sat】 URL // riri- #PBPxVSfY [ 編集 ]
Re: タイトルなし
佳葉と慈雲のふたりもステキですよね~。
ベタ甘の愛鈴と慧俊にはない緊張感が良い良いと言いましょうか(笑)。
深山センセの筆致は素直で好みなのですが、「桜嵐恋絵巻」のほうは積んでしまっている状態デス。
うーん……早いウチに読まねば(><)

わたしの読書傾向ですけど、電撃文庫とコバルト文庫を中心としたライトノベルに、男の子女の子が活躍する一般文芸が好みです。
Blogでは著者名で感想をカテゴリ分けしてアップしていますので、よろしければご覧ください(^_^)。
【2009/09/06 Sun】 URL // すずもり #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2010/02/24 Wed】 // # [ 編集 ]
Re: タイトルなし
こんにちわー。『舞姫』っていまでも人気ありますよね~♪
つたない感想ですが、よろしくお願いします。
【2010/03/01 Mon】 URL // 鈴森はる香 #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/592-bff2115e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。