本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 F1 イタリアGP
 うえええええっっっ!?
 セバスチャン・ベッテル選手、勝っちゃったよ!!
 トロロッソが? ポール to ウィン ?
 ――ええええええっっっっ!?

 おまけにアロンソ選手が持つ史上最年少優勝記録も更新ですって!
 うっひゃー。

 まぁ、ウェットで始まったレースでしたし、マシン性能差がそれだけ縮まっていたとはわかるのですけれどー。
 なにより雨のためにセーフティーカー先導でのスタートになった利は小さくないと思います。
 モンツァって1コーナーの飛び込みで混乱が頻発してますもんねー。
 そこを切り抜けたことは、大きい、と。

 んでもそのあとのレース運びは堂々としてましたねー。
 後続の実力者が互いにバトルしあってくれたのも助かったカンジ。
 それでも優勝をもぎとった事実は実力の結果にほかならず。
 ベッテル選手と、そしてトロロッソというチームのね。
 おめでとう!



 で、そんな今日は fripSide のメジャーアルバム発売記念ライブへ行ってきたワケですがー。
 んー……なんていうか、完成度は決して高くはなかったですよね。
 むしろアマチュア並みのトラブル続発で。
 音は割れるはノイズは入るわ、naoさんは歌い出しと途中の歌詞を忘れるわ、マシントラブルでメロディが流れなかったりするわ……。
 とにかくnaoさんには次回までには万全にしておいてほしいと思うトコロ。
 1曲だけならまだしも何曲もそれでは、どれだけリハをしてどこまで歌い込んでいるのか疑ってしまいます。
 楽しく歌うだけとか修正のきくスタジオのみで歌うとか、そーゆースタイルでいくならべつにいいのですけれど、でもこうしてライブで歌うことを選んだのですよね。
 だったら、最善を尽くしてほしいと思うのです。
 もちろん現状での最善を尽くさなかったとも思えないのですけれど、だからこそ最善尽くして歌詞を忘れるような状況は「アマチュア」なのではないかと思うのです。

 naoさんのキーに合わせたためなのかわかりませんけれど、全体に低音が拾えてないスピーカーだったような。
 ドラムのキックなんてあまり響いてこなかったデスヨ?
 んー……これはライブハウスの特性なのかもしれないですし、または先述のように実際にnaoさんの声が拾いやすいほうを選択したのかもしれないので、この点をfripSideの問題にしてしまうのは横暴かもですがー。


 いや、でも、しかしですよ?
 それだけの瑕疵がありつつも、2時間半のライブではすっかり汗だくになって楽しめたのも事実。
 すごいですよね。
 nao project だけでなく 本家fripSideにしても、それほどBPMガンガン回すような曲は無いのに、これだけ汗ダラダラだったんですもん。
 ……これもライブハウスの空調のせいだと言えないこともないですけれど(笑)、んでもやぱしfripSideの高いパフォーマンスのおかげだと言っておきます。

 なんちうかライブ回数は少ないと仰っていた satoさん naoさんですけれど、ステージ上の態度がすでに初心者のそれでは無いのですけれどー?
 もう何度も場数を経てきた余裕すらカンジさせます。
 MCのグダグダぶりすら計算なのではないかと思ってしまったわ(笑)。


 セトリは多分、大阪公演が終わった辺りで睦月堂工房の睦月周さんが記してくれることでしょう(笑)。
 書評サイトとしてブクマしていた睦月堂工房さんなのですけれど、最近は音楽関係(とくにプロ・アマ問わずライブ方面)の情報源としてありがたくー(^_^;)。

 とりあえず言えるのは前半のfripSideサイドでは新旧織り交ぜた構成……とはいえ完全にマイナー曲は無かったですねぇ。
 ファンなら追いかけられる程度の旧曲と、そしてここ数ヶ月で手に出来ている新曲……といったカンジだったでしょうか。

 nao projectサイドでは、もう、選曲は神懸かってましたねー。
 押さえておくべき曲を見事に押さえているっちうか。
 ……あれれ。あの曲が無いよ?と思っても、アンコールまで待ってみて~(笑)。


 歌い出しを忘れてしまってきちんと歌い上げあられなかったオープニング。
 当初は予定になかったそうなのですが、フィナーレに再チャレンジして+1曲。
 負けず嫌いだなーって(笑)。
 やり直しがきく……って思っているならそれはしかしアマチュア寄りの意識なのかもですけれど、観客に不出来な曲を聴かせたままではいられない……って考えるのはプロ意識なのかなー、とか。

 予定通りのアンコール曲で締められていても十分に納得できたかもしれません。
 んでも、あの曲をやり直しとはいえラストにもってきたことで、それはそれで見事な幕引きになったと思いました。
 テンション高いまま燃え尽きて終われたといいますかー。
 終了後の満足感が心地よかったです。


 そんな次第でいろいろあっても楽しくて熱くなれたライブでした。
 fripSide名義の曲はこれから順当に増えていきそうですけれど、nao project 名義の曲は今後どうなのかなーと心配したりして。
 次のライブでも今回とあまり変わらない曲目になりそうで。
 んでも、それでもいいからまた聞きたいな~……と思ってしまうくらいには素敵なライブでした。
 うん。
 また行きたいな!(≧▽≦)
スポンサーサイト
<< 『エーデルワイス 詠伝ファンタジア』もクリアしてました~♪  // HOME // 今期ももうすぐ終わりなのに、どうなるのでしょうか、この2作品は。 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/588-ebd7a667
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。