本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 海の向こうでもNFLが開幕しましたけれど、日本でも社会人リーグのXリーグが開幕してます。
 今日はその第一節 アサヒビール シルバースター VS オンワードオークスがあったのですよ。
 もー、開幕直後にこんなカードを組んじゃっていいの!?ってカンジ。
 だものでこれは見逃せないなーと思って足を運んだのですけれどー。

 結果から言えば20-39でオンワードオークスの勝ち。
 ちょっと意外に思えるくらいに大差がついてしまいました。

 んー……正直、シルバースターは優勝を狙うには力不足かなーという印象。
 むしろFINAL6すら危ういような。
 バックス&レシーバーの才能でなんとかなってしまう攻撃陣はまだ救いがありましたけれど、守備陣の崩壊っぷりは今期ではどうにもならないでしょう。
 とにかくパワー&スピード不足。
 あるいはそれ以前にプレーの予測力が足りてない気が。
 相手がどう攻めてくるのか読めてないっちう。
 ラインは押し込まれるわLBはタックルミスするわセカンダリーは置いて行かれるわ……。

 ただし「負けた原因」が39点も取られた守備陣にあるとしたら、「勝てなかった原因」はもちろん攻撃陣……ちうか、先発QBの波木選手にあったとわたしは思ったり。
 パスは全く通せないわ、ランはバックスを活かせないわ。
 唯一当てにできる攻撃が自身のスクランブルってのがまた泣けたー。
 もう、攻撃のリズムをつくるとか、そーゆーレベルの話じゃないのね。
 なにをしたいのか見えてこないっちう。
 地に足付いてないままボールを持ちすぎるから何度もサックをくらって後退、後退……。
 さきほどはああ言いましたけれど、「負けた原因」も彼にあるのではないかと思ってしまうわ。
 点差の19点は、まさに彼がプレーしていた第1Qに奪われたものですからね!(><)

 で、そんな彼がサックを受けて負傷退場、彼と交代して登場してきたQBが――東野稔選手!
 えーっ!!!てなもんですよ。
 チームに籍は置いていても、もうコーチ業のほうに移られているのかと思ってましたよ!
 でも見に来られているひとは、さすがシルバースターのファンのかたばかりで。
 東野選手が現れるや喝采の嵐、嵐、嵐!(笑)
 その声援に応えるように、1stプレーで見事ランプレイを決めてくるのは、さすがと思わざるを得なかったり。
 この中央突破(オフタックル?)、波木選手は完全に止められていたんですよねー。
 すごいわー。
 しかも走ったRBは花房選手。
 東野選手も花房選手もオーバー30ageですよ!?(笑)

 その後、ロングパスも決まって見事TDのドライブとなりました。
 観客席はもちろんフィーバー!
 すごい……。
 見事に落ち込んでいた雰囲気を払拭してしまいましたよ、東野選手!!


 でもその後は一進一退の攻防が続いて、点差を詰め寄ることができず……。
 結局、守備陣はオンワードの攻撃を最後まで防ぐことはできませんでしたね……。

 しかもよくわからないのは第4Q、残り6分くらいのこと。
 3rdダウンの攻撃に失敗したシルバースターは当然のようにパントフォーメーションへ……って、おいおいおーい!!
 19点差あるんですよ?
 今日の守備陣には期待できないんですよ?
 いくら自陣30ヤード付近だからって、時間も残っていないこのときに攻撃権を渡しちゃってどーするんですか!!(`Д´)
 ほんと、マジ、わからなかったわー。
 スタンドからも少なくない怒声がピッチに投げられていましたし。
 それも当然だと思いました。

 このプレーのあいだは負傷者が出てレフリータイムアウトがかかったのでしたっけ。
 その時間のあいだ、「ギャンブルしようぜ!」コールの嵐ですよ、もう。
 その声に動かされたのかどうかはわかりませんけれど、最終的にパントを取りやめてギャンブルを選択したシルバースター。
 ピッチとスタンドが近いって、こーゆーことですか?(苦笑)

 このときはギャンブル成功で新しいダウン獲得できたわけですけれどー。
 そのプレーが東野選手のスクランブルってのがまた象徴的……(^_^;)。
 でも同じスクランブルでも波木選手のそれと東野選手のそれは違って見えますねー。
 波木選手はあくまでQBとして走っているように見えるのですけれど、東野選手は「バックスのひとり」もしくは「ボールを持ったら誰もがRB」という意識があったような。
 ステップとかターンの仕方とかがハンパ無いんですもん。
 でもって、そーゆープレーがまたスタンドのギャラリーを楽しませるのですよねー。


 試合後に考えてみたのですけれど、もしかしたら今季のシルバースターはある程度の負けを覚悟しているのかなー、と。
 現状のタレント不足はもちろんのこと、後継者育成や世代交代を進める意図で。
 だから波木選手をスターターQBにして、あそこまで引っ張ったのかなーとか。
 第4Qのパント選択も、そうした方針だからこそ無理はしなかった……とか?

 ちなみに波木選手は27才、東野選手は34才。
 世代交代の必要性はわかりますけれど……。

 と思ったところでメンバー表を確認したら、有馬選手の名前が無いではないですか!
 あれれ~?と調べてみたら、今季から関西のアサヒ飲料チャレンジャーズへ移籍とな!!
 ぎゃーっ!!!(><)
 30才くらいのハズなので、ちょうど東野選手と波木選手のあいだをつなぐ存在だったのですよねー。
 うーん……。
 世代交代の話、あながち間違いじゃないのかなー……。


 シルバースターのEAST DIVISION はオンワードオークスのほかに富士通フロンティアーズも所属しているディヴィジョンなのでこの一敗は痛いことこの上なく……。
 FINAL6への進出はフロンティアーズに勝利することは絶対として、最終節のフロンティアーズVSオンワードオークスの結果次第というカンジでしょうか。
 うあぁ……。
 開幕直後なのに厳しいシーズンになってしまいましたなぁ……(T△T)。



 そんな次第で試合を見終わったのですけれど、せっかく川崎まで出張ってきているのですから『劇場版グレンラガン』を見てこよーかなー、なんて(笑)。
 【大グレン団!螺旋ポイントカード】ってリピーター特典があるんだもん!(≧△≦)
 これが今日の最後のイベントだ!(天元突破しちゃったシモンふうに)
 でも、ポイントカード、家に忘れて持ってきてなかったってこと、チケット買ってから気付いた……。
 しょーもなー(T▽T)。
 また次にフットボールの観戦に来たときに見ることにしましょうか(3度目か……)。

 隣の席の男子はどうやら初見だったらしく、ポイントカードを眺めながらひと言――。
 「何度も見ることなんてあるの?」
 ――ですって! ですって!
 え? なに? 謝ればいいの?
 何度も見てゴメンナサイって!
 ちーぃきしょーぉ!(T△T)



 そんな次第でドタバタしつつも楽しい休日でした。
 週末の過ごし方って、こんなカンジで良かったのかなー(^_^;)。
スポンサーサイト
<< クリエイターの気概あふれる 『エーデルワイス』 // HOME // スリランカフェスティバルでおなかいっぱい!(≧△≦) >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/585-7f99ca2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。