本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 『WIZARD GIRL AMBITIOUS』 1ヶ月延期の10月26日へ。
 そんな雰囲気はありましたし、思ったより意外でもない反応。
 むしろ3週間以上も前に延期発表する潔さを好感……と(^_^;)。
 もっともそのタイミングでの発表は「スケジュールとの差がよほど明白となったため」なのか「余裕をもってマスターアップを迎えるようにするため」なのか、あるいは複合的な理由なのか……。

 シナリオも原画も複数人であたっているので作品内雰囲気とか統一感を出すのは大変でしょうけれどがんんばってほしーなー。
 ……まぁ、それだけ人的投入をしているのですから延期などするな、という気も無いわけではないですけれどー。
 そこを指摘するならディレクターの統括不足かなぁ……という組織的なモノをイメージしてしまうわ。



 リーガ・エスパニョーラも開幕。
 バルサ、まさかの黒星スタート!?
 あー、いや「まさか」でもなかったかもー……?
 ロナウジーニョ選手とデコ選手が抜けたオフェンスには際だった恐さが感じられなかったですし。
 「なにかやるぞ!」みたいな期待感とでも言いましょうか。

 ロングクロス放り込んでメッシ選手にヘディングさせるとか、なんですかそれー。
 決して体躯が良いとはいいがたい彼に空中戦をさせるとか、意図がわかりません。
 ちうか、このときエトー選手がどこにいたのかな??
 アンリ選手がパッとしないのは今回に限らずですけれど(それでもこのときはすでにOUTしてたんでしたっけ?)。

 そんなバルサに勝ったヌマンシアというチームは今季昇格組。
 人口4万人の町の「おらがチーム」が王者に勝利したということは、町の人には嬉しいってひとことでは片づけられないでしょうね~。
 ちうか、4万人の町でもトップリーグに送り込めるチームを持っているってことがスゴイ。
 それだけ文化として根差しているんだなぁ。

 後半はほとんど自陣に引きこもって守備に専念したヌマンシア。
 見ていて面白い展開ではけっしてなかったですけれど、「勝ってやる!」という意気込みが見えてそれだけで興奮できました。
 攻めて散るのもまた華でしょう。プライドでしょう。
 でも彼らがもっていたプライドは、負けて良しとするものではなくて勝つというただひとつの信念。
 素晴らしい!(≧▽≦)
スポンサーサイト
<< 『仏果を得ず』 三浦しをん 著 // HOME // 楽しくなれる本があれば、それだけで1週間は浮かれてます。 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/565-2eb6f21a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。