本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 あ、あれ……?
 気が付くと8月刊行予定からも9月刊行予定からも、『放課後トロイメライ2』の名前が見えなくなっているんですけれども?
 1巻の巻末広告では「2008年夏」でしたよね、次巻。
 bk1 でも8月予定の表記はありますし……。

 8月刊行は「予定が1ヶ月早まった」結果だという話も耳にしましたんですけど、10月予定になったとしてもこれで予定より1ヶ月遅れってことになるのかなぁ……。
 1巻はそれなりに数を出せたみたいですし、刊行するにあたっての状況が悪くなったということではなさげ……無いといいなぁ(笑)。



 安心とか安全とかって、振り返ってみてはじめて気付く類のものなのではないかなーとか。
 「安心してください!」とか「安全です!」とか連呼されると逆にいまの次点での不安が募るっちうか。

 安心や安全を前面に押し出して謳う文句の危うさって、そこにリスクをからめていないことなのではないかなーと。
 で、それをからめないことに対して疑心暗鬼になるというか、誠実さが見られないというか。
 たとえばこちらが当然抱くであろう不安やリスクを明らかにすることで、向こうもそれを分かった上で言っているのだと感じられると言いますかー。

 とどのつまり、自分たちの「今」を示す、「状態」「有り様」を示すキャッチコピーに、「安心」を用いるのはなにか疑わしさを抱いてしまうという次第。
 嘘くささでも可。
 でもってもし仮に騙す意図が無いのだとしたら、その正直さは愚鈍と紙一重。
 もしくは同居してるなー、と思うのですよ。
 そしてそれは不安要素になってしまうワケで……。
 やぱし、どうにも上手くない、と思うのですよー(苦笑)。
スポンサーサイト
<< ワンフェスの事故に思うこと // HOME // 『夢みる黄金地球儀』 海堂尊 著 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/532-eca3be7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。