本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 『Haruka Shimotsuki solo live LV.2 ~シモツキンはレベルが1あがった~』 へ行てきたー。
 公的なコンサートホールを借りての着席スタイルなライブ。
 霜月さんの曲調を考えると当然ですか。
 うちゲストの片霧烈火さんとの曲のみでスタンディングでしたか。

 まー、しかし。
 今回のゲストは片霧さんにRitaさん、そしてKukuiのmyuさんだったわけですがー。
 奏者のmyuさんはべつにして、片霧さんとRitaさんの声と比べると、霜月さんは高音での安定感が半端無いなーと感じたりして。
 こう、ナチュラルなキーからの上がり方がなめらかといいますかー。
 Ritaさんは割にハスキーなかたですし、ちょっと高音はツライですわね。

 Kukui名義では『ローゼンメイデン』の1期と特別編のED曲を歌っていただけたのですがー。
 わたし、イチバン好きなのはトロイメントなんですよねー(苦笑)。
 残念!


 霜月さんの曲は落ち着いた聞かせるカンジのそれが多い……っちうか、ほとんどなのでー。
 座って聞いてると、なんとも心地よくて、ふとウトウトと……ハッ! 起きた!とか2度ほど(笑)。
 自分、スタンディングでも目を閉じて聞いたりする人間なので、ちょっとこの気持ちよさはやばかったわー。


 ちょっと先日、メロディに負けている歌声の曲を聴いてしまっていたのですよ。
 だもので今日の霜月さんの声の響きにはあらためて感動してしまったといいますか。
 どんな音に混ざっても確かな存在感を示してるんだもん。

 もちろん今回のバックはかなり豪華でしたよ?
 聞かせる系の曲が多い霜月さんのことですから、バックは控えめに演奏するのかなーと思っていたのですけれど、とんでもない。
 ツインギターは小技効かせてきますし、バイオリンのかたの突き抜けかたは半端無いですし。
 アコーディオンのかたやベースのかたも同じくらいにすごかったですけれど、なかでもドラムのかたがわたしには印象深かったわー。
 先述のように「おとなしめな演奏」をするのではないかと思っていたところ、バスドラムがドン!と。
 もう、天井から降ってきた感覚。
 うひゃー、ドラムの神髄じゃない、あれって!

 おまけのこのドラムのかたが多芸多芸。
 アコースティック・コーナーではドラムセットを離れてコンガ?を打ち鳴らす打ち鳴らす。
 良いね、この音色!
 霜月さんの楽曲にある民族っぽい雰囲気に合っているといいますかー。
 ほかにもこのドラムのかた、5つも6つも楽器を担当されてましたよ?
 リズム隊らしく、どれもメロディを奏でるものではなくて拍子を表すものやアクセントになるものばかりでしたけれど、次々に楽器を変えていく様を見るのは面白かったですよー!


 セトリのなかでは「恋獄」と「カザハネ」が良かったかな~。
 アンコールでの「音のコンパス」と「あしあとリズム」の2曲は、まさに締めくくりとしてベストだったように思います。
 「あしあとリズム」のハンドクラップは会場が一体感に溢れますね(^-^)。


 個人的筆頭に挙げられる「永遠の都市へ」が歌われなかったトコは残念ですけれど、十分に聞き楽しめたライブでした。
 お世話になっている『アルトネリコ』やPUSHしている『ティンダーリア』、それと2枚のベストCDを中心に構成されたセトリみたいですし。
 ……でも、パンフのアンケート結果を見る限り、『アルトネリコ』の曲はあまり人気無いみたいですけれど、も?(苦笑)
 ちなみにわたしの回答は「永遠の都市へ」「ユラグソラ」「Liminality」でした。
 前二つは王道だとしても、最後のひとつはマイナー……っていうか狙いすぎか自分(笑)。


 そんな次第で楽しんだライブ。
 来週また追加公演、行てくるよーん!!
スポンサーサイト
<< 政治ドラマの人って、リアル政治を意識しすぎなんじゃ…… // HOME // 『魔法遣いに大切なこと ~夏のソラ~』#2 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/516-9979e5c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。