本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 SUPER AGURI の消滅によりF1ドライバーシートを失ったアンソニー・デビッドソン。
 そんな彼が先日テストドライバー代役としてHondaのF1マシンのステアリングを握ったのですよ。
 そのとき彼は、いまのF1はドライバーが走らせるのではなくマシンが走るのだと悟ったとかなんとか。

 とまぁ、それだけレースにはマシンの性能差が現れるという現状があって。
 雨のレースが面白くなるのは、なにもトラブルが続出するからという点だけでなく、そうしたマシンの性能差を埋めることにもなるからだと思うのです。

 そんな雨が降っていたイギリスGP。
 いや、「降っていた」なんてものじゃなくて、途中、ものすごい土砂降りでしたねー。
 クルクルとマシンが回る回る(笑)。

 空を飛ぶほどの最高速を出せないためにマシンの性能差は格段に埋められたところに加えて、天候を読む駆け引きでタイヤ選択のドラマも見ることが出来ました。
 ブリジストンの一択になってしまって以降は、タイヤ選びで展開が変わることは少なくなってましたからねー。
 天候が回復すると読んでノーマルのレインタイヤか、激しい雨が降ると読んでエクストリームタイヤか。
 結果からすると10数周でしたが豪雨となって、タイミングよくエクストリームタイヤを装着したチームが利を得たカンジ。
 ライコネンはここでミスったわけですけれど、やっぱりロス・ブラウンの離脱の影響が大きいのかなーとか思ったりして。


 序盤にトップを奪取したハミルトンがそのまま独走。
 2位以下と1分以上のマージンを築いちゃったりして優勝争いは静かなものでしたがー。
 レインマスターのバリチェロが2年ぶりのポディウムをHondaへ贈ったこととか、終盤まで続いた5~8位争いが面白かったー。
 中嶋選手もそのなかに入って、8位入賞の完走を。
 ポイント獲得は祝福したいのですけれど、惜しかったなーと思うことも事実。
 ファイナルラップまでは7位走行でしたけ?
 うーん……。
 もう少し雨の時間が長ければなー(^_^;)。


 そんな次第で楽しめたイギリスGPでした。
スポンサーサイト
<< コメディならなんとか……と思った 『WORLD DESTRUCTION』 #1 // HOME // ラノベ作家ソートって、感想系サイトの指標になるような…… >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/508-51868f96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。