本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 いまさらなんですけれど『こいびとどうしですることぜんぶ アンコール』を聴いたのさー。
 aルートアフターがめちゃめちゃ良い雰囲気!
 激LOVE!な遠藤夫妻はもちろん甘甘なのですけれど、なんちうのかなー、友達関係の絆?みたいな?
 高校を卒業して、もう毎日顔を合わせることはないのだという寂しさ。
 でも、二度と会えないわけじゃない。
 これからは「会いたいか、会いたくないか」という関係に変わるのだと。
 それで玖羽は、やっぱりみんなと会いたいよ……と。
 玖羽――ッ! らぁぁぁぁぁぶっ!!!(≧▽≦)

 bルートアフターは出産に向けての夫婦の絆がー。
 ほんっと陽介は良いダンナさんですなぁ。
 それと産婦人科の女医さんが性格良くてホッとするわー。
 学生結婚で未成年出産のハズの遠藤夫妻に対して、決して侮ることなくむしろ応援しているように感じられる口ぶりが。

 いろいろと困難が遠藤夫妻には降りかかっているハズなのに、世界はふたりに対して優しいっちうか祝福しているとすら感じるわ。
 それをご都合主義となじることは簡単だけれど、こういう倖せな世界をわたしは嬉しく思うー。
 本質的には優しい世界であるところがシリウス作品の魅力ですわー。


 今回は2枚組のドラマCDで、Side-B ではおおよそ2分くらい、長くても8分ほどの小話がぽんぽんと。
 その尺に合わせた小ネタなのですが、これがまた楽しいったら。
 しっかりとした構成があるお話よりもこういうネタに絞ったお話のほうが、キャラ好きには受け入れられるような気がしたー。
 当然、キャラの個性に合わせたネタであるハズなので、より際だつといいますかー。
 「よしこはんと室井っちゃん」なんて、本編では立ち絵も無いモブキャラをギリギリ抜けた脇役じゃないですか!
 それがこんなに印象的な扱いをされているんだもんなー。
 織田マリさん、一人二役ご苦労様です(笑)。

 つかちー&ちかポンのコンビも絶妙。
 名脇役だわ、このふたり(^-^)。
スポンサーサイト
<< ラノベ作家ソートって、感想系サイトの指標になるような…… // HOME // 『雨の匂い』 樋口有介 著 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/506-51b84a88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。