本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 人は必ず死ぬ存在なのに、その死に対して「なぜ死んでしまったのか」と問いかけることの無い日本社会。
 死因を探るには解剖という工程が必要なのに、現在の日本では死後解剖される割合はわずか2%。
 98%は体表を検案しただけ、あるいは死に至るまでのしばらくの期間からの推測から死因を考えるだけ。

 たとえば胃ガンで入院していた人がそれで必ずしも死ぬわけではなく、末期ガンに見られるある種の症例として脳内に血栓が出来て脳卒中で亡くなるという可能性もあるという話。
 でもそれは解剖してみなければわからないことであり、多くの場合「この人は胃ガンで入院していたのだから、死因もそれだろう」となってしまうという次第。

 先だって起こった相撲部屋での弟子虐待事件。
 あれも体表だけでは「決定的な」死因はわからなかったわけで。
(ただしあの事件は体表からでも「異状死」を疑うべきであって、それすらも疑わなかった警察の不作為を糾弾する事件でもある)。
 行政解剖を遺族が求めて、そこで初めて「体内にも損傷を及ぼす虐待を受けていた」と事件性が露見した、と。


 日本人は輪廻転生を多かれ少なかれ信じている人種でありましょうし、死後に解剖となればその輪から外れてしまう恐怖を感じているのでしょうか。
 ただでさえ「仏さま」とは「神様」につながっていく存在になっているのですしー。
 そこへメスを入れるのは躊躇うでしょうねぇ。

 そこでAi (Autopsy imaging:死亡時画像診断と訳される)の必要を本書は伝えているという。


 Aiの概念や存在は海堂センセのほかの著書、桜宮市・東城大学病院でのシリーズで何度も述べられているところでありますし、ふむふむと。
 ただ、まぁ、本書で感じてしまったのは、警察の事なかれ主義と、厚生官僚の公僕らしからぬ唯我独尊ぶりかなぁ。
 このふたつの職に就いている人は、自分たち以外への関心が皆無だとしか思えなくなってしまうわ。


 Aiの必要性や重要性を説く本であるせいか、語り部である白鳥の「ロジカル・モンスター」ぶりは控えめでしたね(笑)。
 あちらのシリーズでの無茶ぶりからすれば、今作での丁寧な説明にはちょっと面食らってしまったわ(^_^;)。


スポンサーサイト
<< 変わる世界、変わらない自分 // HOME // 自分はやらないけれど、オマエはやれ……ってフェアじゃないよ! >>
胃がん完治を目指して
拝見させていただきました。
またお邪魔します。
【2008/06/21 Sat】 URL // 胃がん完治を目指して #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/485-16b1e55c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。