本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ムイほど真面目な主人公って、昨今、見たこと無いわー。
 自分がしでかしたことの実情と影響を受け止めていて、さらには周囲の人の気持ちを慮る。
 なにより自分が未熟であることを自覚しているところが素晴らしいわー。
 領主という地位に役者不足であることはもちろん、人間としてまだ大人になりきれていないと納得しているっちうか。

 そういうムイの意識があって、さらにより良い領主になりたいと願い、それを実現するためのアドバイスを展開の中に織り込んできているところが、今作の素敵なトコなのかなーと。
 ムイが学んでいく姿を見られると同時に、成長への必要な布石を読み手の側も嫌味なく教えられるっちう。



 結婚を断るために髪を切ったムイ。
 今回の騒動も切り出しは前回から続いたその件の流れではあるのですけれどー。
 その婚約者であるバレンが、ああも人の話を聞かない性格だったわけで。
 同情できないわー(^_^;)。
 明るい性格に救われていますけれど、ストーカーの一歩手前ですよえねぇ。

 こーゆー人って、いざ結婚したらどうなるのかなー。
 理想のなかへ妻を押し込めようとするのか、理想との違いをなじるのか。
 とまれ、相手を見ないであろうことは想像に難くないですか。


 まぁ、ムイの相手はラーシェンはいるわフィンドルはいるわで、バレンの勝機は微塵も無いでしょうしー(笑)。
 今回の一節にもありましたけれど、ムイの性格や領主としての責務をきちんと果たそうとしている現状を思えば、彼女の相手はやぱし森の民のほうがいいのかなー、なんて。
 こちらの世界への披露でちと困りそうですけれど、そこは誤魔化しようがありそうですしー。



 契約書の損壊の件や、それに絡んで契約に囚われなくなった森の民の存在。
 なかでもフィンドルがそのうちのひとりであることと、それをティッセが知ったこと。
 ちょっと急ぎすぎなんじゃないかなーって心配になるくらいに物語を動かしてきているなーと思ったりして。
 うーん……。
 でも、最近の業界ではこれくらい見た目にハッキリと動かしていかないと難しいのかも……。
 序盤の勢いが作品の行く末を決めますしねぇ……。

 そんな次第で、次巻も期待しておりまする~。


スポンサーサイト
<< サンクリ40 お疲れ様でした。 // HOME // 表層だけを追いかけただけになってしまって残念な 『図書館戦争』#10 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/480-5396962e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。