本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 DVD-BOXを予約するついでに、G's連載していたアフターストーリーと全13話脚本が収められた『フタコイ オルタナティブG』も買ってみたのですよ。
 まだ連載のほうが読んでいないのですけれど、脚本のほうはパラパラと目を通してみたりして。

 小説としての作品を読むとどうしても楽しむ気概が先に立ってしまうのでアレなのですけれど、脚本というカタチであると勉強になるなぁ……という意識がそこにあって。
 表現への簡潔な指示と、限られた分量のなかでどうやって物語を展開させるのか。
 このあたりは小説の手法と異なってくる部分でありながら、その意図するところは同種のものであるため勉強になるのかなーと。

 もちろん作品として成立されたものがすでにあるので、そちらとの比較でどう仕上げたのかも知ることができるわけでー。
 そこへのどう意識を払っているのかを知ることもまた勉強になるなー。


スポンサーサイト
<< 表層だけを追いかけただけになってしまって残念な 『図書館戦争』#10 // HOME // 『林檎の木の道』 樋口有介 著 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/478-739c2142
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。