本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 うええええ??
 構造が『ぼくと、ぼくらの夏』と同じデスヨ???
 それでいて探偵役・斉木亮と、ヒロイン・川村千里のつながりが薄まっているので、今作は「青春ミステリ」としてはデビュー作より後退しているなーという印象が。
 反対につながりが薄まっているだけに亮の行動の自由度が高まっているので、推理ミステリ、そしてハードボイルドとしての質は高まっているかなーとも。

 どちらに重きを置くかで違うのでしょうけれど、ね。
 今作の、そして樋口有介という著者に対しての評価が。
 わたしは「青春ミステリ」の部分が大好きだっただけに、この後退?は残念だなーとしか。
 ことに構造自体は前作を踏襲しているだけに、その部分での違いが明確すぎるのですよー。


 まぁ、でも、しかし。
 少し斜に構えた主人公のじわりとモテる様はニヤニヤしてしまいまふ。
 もちろん主人公補正というのもあるのでしょうけれど、こーゆー影のあるオトコノコが気になるオンナノコというのも理解できるなーと思うのですよ。
 ことに自立心があると自分では思っている子など、ダメな男子を自分が守ってやらなきゃ!とか思ったりするんでしょう。
 実際は守るはずが守られてしまうワケですけれども。
 そんな理想と現実の裏返しが可愛いのです(笑)。

 はい、ツンデレツンデレ。


 ミステリ部分も素敵ですけれど、やぱし樋口文学の妙は男女関係にあると思うー(≧▽≦)。


スポンサーサイト
<< アキバのホコ天からライブもコスプレも消えたあとに見えてきた汚いモノ // HOME // 許された……だなんて、どんな顔して言えばいいのかわからない >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/461-f29bfea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。