本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 あまたつが「連休後半の天気をお知らせします」とか言ってー。
 なんだよ、もう後半かよ!みたいな。
 まだ入ったばかりだよ!
 これからだよ!(><)


 で、その連休入りの初日、ライブ連戦の初戦である「Lantis “twilight listening party vol.3”」へ参加してきたワケですけれども……。
 んー。
 なんだかコンセプトが見えてこないライブだったなぁ。
 じっくりしっとり聞かせたいのか、それとも跳ねて酔わせたいのか。

 会場のDUO MUSIC EXCHANGE。
 入っていきなり目に飛び込んできた3本の大きくて太い柱に唖然とさせられたこともひとつ。
 柱の影に入ってステージが見えない位置があるってどうなのよ?
 でもってさらに驚かされたのがアリーナに設置された椅子の存在。
 は? スタンディングじゃないの?……と。

 椅子の数は、入場者数の3~4割だったかなぁ。
 わたしの目には立ち見客のほうが多く映っていたワケで。

 でも、marble さんのオープニングで始まったライブ曲を聴くとミディアムテンポがほとんどでしたし、それは続く eufonius や伊藤真澄さんも同様だったので、「ああ、これは『聞かせる』ライブなのだなぁ」と思ったのですよ。
 椅子があったのは落ち着いて聞いてもらうため、だったのかと。

 ……まぁ、それでも立ち見客のほうが多くなる状況は不可解なのですがー。

 でもその『聞かせる』ライブも、最後の出演者である美郷あきさんが登場すると一変。
 サイリウムをぶんぶん回すわPPPHで飛び跳ねるわ、ふつーのアニソン系ライブへ早変わり。
 まぁ、あきさんの持ち歌って半分くらいはビート効かせた曲ですし、むべなるかなとは思うのですけれど……あれれー?

 これまたわたしの目に映った感想なのですけれど、お客さんのノリはあきさんのときのほうが良かったように見えたのですよー。
 つまりは、お客さんが求めていたのは、あきさんのようなライブであったと。
 となると、前に出演した3組とは明らかに路線が異なってしまっているワケでー。

 そしてプチ絶叫系のオタ芸向きのライブであるならば、行動を制限する椅子の存在が不可解になってきてしまう次第。
 もー、どっちなのよ、このライブ!(><) ……とアタマ痛くなったのでした。


 まぁ、音源自体は籠もりもせず割れもせずの良い音を響かせていたと思うので、そこは今回、唯一良かったと思えるトコだったかなー。
 あとはわたしとしては生で「リフレクティア」を聞くという目標を達せられたこととか。
 でも全般を通して思ったのは、コンセプトが不明瞭であったことに由来するのかもですけれどライブ感に乏しかったことが残念で……。
 わざわざこの会場に来る理由を見いだせなかったっちうか。
 CDで聞くことの出来る程度の「良い音」だけであるなら、ライブに来る意味は無いと思いますし。


 んー……。
 わたしにとっては期待はずれなライブだったかなぁ……。

 ――ええいっ!
 気持ちを切り替えて明日に向かいますよ!
 ロックンロール!!!(≧△≦)
スポンサーサイト
<< 最高のロックンロール! OVERDRIVE NIGHT TOUR 2008 東京FINAL! // HOME // 『Kaguya ~月のウサギの銀の箱舟~』 鴨志田一 著 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/420-66d692f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。