本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 アリシアより先にカシュヴァーンのほうが恋心に気付くなんて……。
 気付くっちうか、認める?っちうか。
 そういう自分の気持ちを否定するかと思っていたのですけれど、意外に素直に受け入れているなぁ……という印象が。
 もっとも、気付いてしまったから余計にアリシアの無邪気さに振り回されてしまっているワケですけれどもーっ!(笑)

 いや、も、アリシアひどすぎ!
 成長どころか退化してませんか、ココロが。
 寸止めされ続けるカシュヴァーンが可哀想で可哀想で!(≧▽≦)
 しかし恋心すら本気で知らない様子のアリシアなので、こういう事態もむべなるかなという。
 ノーラたち周りの人が教えてあげられることでもないでしょうし。

 ……ちうか、周囲の人にとってはそういう気持ちになってそういう行為をすることが当たり前すぎて、アリシアの無知を正すほうこうに気が付かないってこと?
 誰の助けも期待できないカシュヴァーンは大変だなぁ(^_^;)。
 今回登場したレネがそのあたりを引っかき回してくれそうなカンジなので、今後が楽しみにではありますがー。

「あなたがバルロイ様お気に入りの、ノーラというおっぱいメイドですね」

 直球勝負しかできない投手キタ!(笑)
 でも今回の件を見る限り、レネの存在はアリシアに薬になってるワケではないですよねぇ。
 むしろ問題が倍加したような?(^_^;)
 ふたりそろって本気で知らなすぎなんですもん!
 カシュヴァーンとノーラ、乙!(笑)



 本編のほうはルアークの出自を含めた過去話をベースに、ライセン夫婦との絆を深めるという回?
 ウソだと知りつつ、あえてそのウソに乗ることで安息を得ようとするルアークの悲しい立場がよく表れていたかなぁ。
 そしてそんな愚かさを拳で修正するカシュヴァーンの漢っぷりったら!
 おまえがっ、泣くまでっ、殴るのをっ、やめないっ!(笑)

 お父さんと息子ってポジションで表されてましたけれど、わたしには男同士の友情に見えたかなぁ。
 間違ったことをしているなら、殴ってでも引き留めるような、真の友情?みたいな。
 で、そんなふたりを嬉しそうに眺めるアリシアというポジションもまた、ヒロインらしい立ち位置だったかな~と。
 慈愛を持って見守るポジションといいましょうかー。


 ルアークをダシにしてカシュヴァーンにちょっかいをかけてきたオーデル侯爵の存在は相変わらず明確な敵として残っていますし、そんなカシュヴァーンの周囲はアリシアを介して人が集まってきていますし、これは物語として大きく膨らんでいくのかな~と楽しみに。

 さーて、カシュヴァーンがいつまで我慢できるかなっと(笑)。


スポンサーサイト
<< 気が付くと崩壊の足音はすぐそばに来ていたのね // HOME // チケット瞬殺で消沈しながらCOMIC1へ行ってきたの巻~ >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/415-509c27e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。