本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ドロシーとオーガストの仲は一件落着……なのかな?
 このふたりの問題って、結局オーガストの物わかりの良さっちうか理性?知性?だったような気がするー。
 落着したのだって、風邪で熱に浮かされていたドロシーの衝動的な行動が理由だったと思える次第。
 いえ、まぁ、ここに至るまでにドロシーは悩み悩み抜いていたワケで、その答えがタイミングとして発現してしまっただけなのかもですけれどー。
 ……本当に風邪だったのかな?
 もしかして知恵熱かも?(^_^;)


 次が最終巻らしいですけれども、こうなるともうひとつのカップル、セシルとフェイの仲が気になりますなー。
 単純に最良なのはセシルがフェイにむかって「愛してる」って言えるようになることだと思うのですけれど、そこに素直にたどり着くとは思えないあたりが難しいトコロ。
 むしろ心配なのは、そんなセシルのためを思ってフェイのほうから身を引く決断をしてしまわないか。
 彼女の本質って、けっしてどこまでも「待つ女」ではないと思うのですよー。
 ここぞというときには踏み出す勇気を持っているっちうか。

 風邪を引いた彼女のために手料理をふるまうセシル。
 で、そんな彼の姿を見て倖せを感じて涙するフェイ。
 いいんだけどなー、いい雰囲気、いい世界を作っているんだけどなー、このふたり。
 でもでも、まだ危うさを保っている関係、距離感、なんですよねー。

 ドロシーとオーガストの件をセシルが起因となって解決したということは、「男女のあいだに友情は成立する」という結論に持って行こうとしているのではないかと思うのですよ、柏枝センセは。
 だとすればフェイとの仲は異なる結論を導き出すのではないかと考えるのですけれどもー。

 うー……。
 気になる気になる~っ!(><)



スポンサーサイト
<< ここまでのセットリストから milktub 2008ツアー東京FINALに思いを馳せてみるみる // HOME // たとえ後悔するようなことになっても、この瞬間を大切に。だから眩しい『キラ☆キラ』 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/402-0e9b84f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。