本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 楽しみに満ちた日常の裏側で、ほぼ同時に進行しはじめる暗躍。
 動いているキャラクターは変わっても『アリソン』の頃からと構成は変わっていないなー。
 落ち着く反面、それで良いのかなぁ……とか不安にも。
 定番といえば言えますけれど、それってマンネリと紙一重かなーと思えますし。

 んでも『リリアとトレイズ』と異なる心境でいられるのは、やぱし、旧作のキャラクターが出張っていないことでしょうか。
 唯一既知であるメグミカにしても、どういう行動規範で動くのかわかってませんし。
 新鮮な楽しみ?みたいなー。


 ラリーとニックのテンポ良い会話とか、時雨沢センセらしい楽しさにあふれているなーと感じるのですよー。
 生きている会話というのとも違くて、むしろ生き生きとしている文章とでも言いましょうか。
 これぞライトノベル!という気もするのですけれど、地の文を多くする最近の傾向からすると、少し時代が古いラノベの様式なのかもですが(^_^;)。


 まぁ、でも、しかし。
 物語としての構成にはうなずけても、この上下巻という販売体制はどうなのかなー……とか思ったりして。
 たとえばキャラクターの個性をひとつでもハッキリさせた上で区切っているワケでもなく、ただただ事件へのイントロまでへの時間を動かしただけの内容っていうのはなぁ……。
 次巻への引きという点からすれば、ここでひとつ分けるというポイントであるには違いないのでしょうけれど。

 ……でも、「このあとどうなるの!? もうwktkが止まらない!」ってトコロで引いているわけでも無いような。
 まだまだ安全地帯にキャラクターはいるわけで。
 うーん、うーん……。
 このあたりがギリギリのラインなのかなぁ。
 上下巻にするため、であるならば。


スポンサーサイト
<< 『鋼鉄の白兎騎士団』とか、WOWOWのでのボクシング放送とか。 // HOME // ツマラナイ大人になった自分を感じる今日この頃 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/365-a9ed24fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。