本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 活動再開するアボパって、かつてのメンバーは全く?居ないとかなんとか。
 じゃあ、その団体の正体はなんなの?という話かなぁ。

 ヒトではなくココロを受け継ぐこともあるかもしれないけれど。
 うーん……。
 これは「温かく見守る」から「生温かく見守る」に温度変化しそう。



 この週末はソニーの銀座ショールームにコンデジ触りに行ったり、橋本紡センセのサイン会へ行ってきたり、ひとりカラオケしたり、友人たちとお酒を飲んできたりと遊び回っていました。

 コンデジはこの春に欲しいな~と考えて、いまのところ候補を FinePix F100fd かCyber-shot W170 のふたつにしぼってみたのです。
 で、W170はまだ発売前ですけれどショールームでは展示がされているとのことでしたので、こりゃ手にしてみて判断材料にしようかなーと。

 画質など性能的なことはなにぶん素人なものでよくわかりません。
 ちうかスペック上で見比べてしまったら、昨今のコンデジに差なんてあるの?ってくらい。
 だものであとは持ちやすさとか操作性とかかなーと。
 昨日発売されたF100fdも店頭で触ってきたのですけれど、んー……。
 第一印象ではF100fdに軍配かなぁ……。

 ただ、この週末に上記二機種以外のコンデジもいろいろと見たところ、Cyber-shot T300 がわりと好みかも……という結果を持ったりして。
 3.5型の液晶は見やすいですし、タッチパネルの操作感も悪くなかったので。
 でもこれ、オタク的なイベントで使っていたりすると冷笑されたりするんだろうなぁ……とか思ったりして。
 あいつカメラのこと、全然わかってねぇよ、みたいな(笑)。



 ひとりカラオケはDAMに「Like a Green」が入っているということを昨日耳にして以来、いてもたってもいられなくなりましたので、小一時間ばかり時間が空いた中でするりと行ってきました。

 最低でも最高の夏 涙流し笑ってた
 ずっとこのままでいたくて
 大人になっても忘れない きみが「少女」だったって
 星空の下 抱きしめた


 声が出ないのは予想できたのですけれど、もう、ここが歌いたいっちうか叫びたくて(笑)。
 作詞って桑島由一さんでしたっけ?
 いかにもーな感性ある言葉が並べられている歌詞だなぁ、と。

 ところで、歌い終わるとモニターに消費カロリーとか表示されたりするじゃないですか。
 「Like a Green」の消費カロリーって4kcal弱だったと思うのですけれど、そんな平均的な数値じゃなくてもっと消費すると思うのはわたしだけ?
 サビ部分、ブレス無しで叫び続けるんですよ?(^_^;)


 そのほかの曲はエロゲ・ギャルゲ祭りというカンジ。
 ひとりカラオケなのですから、場の空気を読むようなことも必要なくて、ただ好きな曲ばかりをチョイスチョイス!
 「Princess Bride!」と「Princess Brave!」を歌い比べてみたところ、やぱしライブでも感じたように「Brave!」のほうが楽しいかなぁ……。
 以前にも書いたかもしれませんけれど、「Brave!」は歌詞が良いのですよねー。
 「折れた剣を杖に立ち上がる ボロボロのPrincess」ってトコがですねぇっ!(≧▽≦)
 作詞はうつろあくたさんでしたっけ? さすがっ!
 作詞の部分に注目するのであれば「Kiss The Future」の元長柾木さんもー。

 これだけだとひとりI've祭りをしてきたように見えてしまうのですが、ほかにもYURIAさんとかyozucaさんとか歌ってきたのですよ。
 たのしかったー!
 「第2ボタンの誓い」はわりと声を出せることを知ったので、もう少し練習したいなー。
 YURIAさんでは「モノクローム」を歌いたかったのですけれどDAMには入っていないのですねぇ。
 JOYSOUNDには入っているみたいですけれども。
 うむむ……。
 「Like a Green」をとるか「モノクローム」をとるか、悩みどころデス……。
 ちうかmilktubを網羅しているカラオケを切望します!(><)


 思いのほか楽しめたので、また今度行ってこよーっと。
 ……同じ嗜好の友人が居ないので、この手の曲を歌いたいとなると、必然、ひとりカラオケになってしまうのですよねぇ(T▽T)。
スポンサーサイト
<< 『ピクテ・シェンカの不思議な森 はじまりは黒馬車に乗って』 足塚鰯 著 // HOME // 『死神姫の再婚 -薔薇園の時計公爵-』 小野上明夜 著 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/353-c83f9400
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。