本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 眞一郎!
 あああ、あんたってオトコはぁぁぁぁぁっっっっ!!!
 いま、このときにっ、比呂美を抱きしめて「全部ちゃんとするから」たぁ、どういうことやねんっ!!
 過去の女とは清算するから……ってことか!? ことなんかっ!!?
 てことは、あれか。
 乃絵とのことは初めから本気じゃなかってこと!?
 ふざけんなーっ!!!(`Д´)

 いや、まだそうと決まったワケじゃないですけれど、でもわたしの目にはそう映ったさ。

 比呂美との仲には社会的障害が存在する → 乗り越えられないので諦める → 好意を寄せてくれる乃絵がいる → 比呂美と付き合えないことがハッキリしたなら乃絵の気持ちに答えてもいいかな → え? ホントは障害なんてなかったの? → 比呂美と付き合える! → でもいまの自分には乃絵がいる → 全部ちゃんとするから!

 ……って見えるー見えるー。
 比呂美のほうが全てから解放されてアクティブになるのはわかるのですけれど。
 つながれていた鎖から解き放たれたワケですし。
 でも眞一郎、あんたは違うでしょう!!!
 自分の行為に責任を持ちなさいよ!……って、だから「ちゃんとするから」なんですか?
 あー……うぇー……。


 でも、ここまで厳しく言っても、眞一郎って17歳でしたっけ?
 その歳のオトコノコであればそれも仕方がないのかなぁ……という思いもするのですよねー。
 視聴者という外から見るポジションだけでなく、歳を経てしまっているから見えるものもあるっちうか。
 だからこそやるせないっちう……(T△T)。
 年齢を思えば、眞一郎はわりとよく考えているほうだとは思うのですけれどー。

 いや、でも、しかし……ねぇ。
 もう乃絵の想いは消えゆくのみなのかなぁ……。
スポンサーサイト
<< 『藤堂家はカミガカリ』 高遠豹介 著 // HOME // 今月の電撃と富士ミス、発売が早いのは年度末だから? >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/342-80d63315
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。