本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 京アニらしからぬ「顔アニメ」だったAパート。
 ちゃかちゃかと顔アップを台詞に合わせて切り替えるほかは特にひねった演出も無く。
 シーンとシーンをつなぐ際に入る角度をつけたカメラ位置も、なんとなく唐突で意外性のほかには意味がなかったような。

 もちろんそうしたアングルつけた描き方は京アニの技法のひとつですけれど、ここではその「京アニの伝統」に寄りかかって深く考えずに用いているように思えるのですよー。
 そこにどういった意図がるのかを考えず、ただ伝統技法を学んだので使ってみました。
 ――そんな安易さを。


 原作ゲームと違って各ヒロインをストーリー上で「捨てる」ことができないために大変であるとは思うのですけれど。
 でもそこで違和感を残すようでは、そもそも大きなひとつの話にまとめる意義が失われてしまうような気がするのですよ。
スポンサーサイト
<< .ANIMEで『true tears』DVD特別版が発売とな。 // HOME // 『ブラックペアン1988』 海堂尊 著 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/313-7a9f6d19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。