本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 じつは先日、自転車同士のガチンコを起こしまして。
 青信号を渡ろうとしたところ、左から来た自転車がドーン。
 ……自転車はねぇっ! 左側通行でしょぉぉぉぉぉっっっ!!!(`Д´)

 で、そのとき思い切りブレーキを握ったら、リアブレーキのワイヤーがブチンと逝ってしまった次第。
 近所の自転車屋さんに見てもらったら――
 「MTBのワイヤー交換はねぇ……」
 「このタイプだと一般用じゃなくて取り寄せになるから日数もかかるよ?」
 ――等々、あからさまに受けたくない客扱いされてしまったので消沈。
 まぁ、ギヤの歯も欠けているところがあったり、先だってのタイヤ交換の際にもこれ以上お金をかけると新品と同じくらいかかるよ?とアドバイスも受けていたので、これも寿命かなーなんて。

 もう何年、この自転車と一緒だったのかなー。
 自分のお金で自転車を買うようになって3代目。
 そのなかでもイチバン付き合いが長かった自転車でした。
 お疲れ様でした。
 長いあいだ、ありがとう。


 そんな次第で、今日は4代目を買いに行ってきたワケです。
 最近はあまり長距離は走らなくなって主に市街地走行だけですけれどもクルーザータイプはちょっと(ママチャリは論外)……とか、重量は軽いほうが……とか、なんか、こう「ハッキリとした目的は無いくせに注文は多い客」だったなぁ(笑)。
 そんな面倒な客にも親切に対応してくれた自転車屋さんに感謝!(ちなみに上記のワイヤー交換を渋られたお店とは別のお店です)

 いろいろ迷ったりもしましたが「今なら2007年モデルだとかなり割引できるよ」とのお言葉が最後の決め手となって(笑)、GT社製のNOMADを選んできました。
 MTBとクルーザーの中間っぽいコンフォートと呼ばれるタイプで、ハンドルの角度が調整できたりします。
 だものでロードなら浅めにして前傾姿勢を取れるようにもなり、シティサイクルなら角度を上げて姿勢を楽にして乗れたりもするという、ひとつぶで二度美味しいタイプだったりするのです。

 スタンドとか安全器具を取り付けてもらって、いざライドオン。
 ……いやっはー! 快適快適!(≧▽≦)
 世界がね、違って見えた!
 これまでのMTBほど前傾にならないから、視界が広いの!
 たのしーっ!!!
 あまりにも楽しいから、近所で済ませられる買い物をちょっと遠くまで行っちゃいましたよ。

 3代目はグリップシフトだったのですけれど、これ、力を入れて漕ごうとすると動かしてしまうことがあったりしたのですよー。
 その反省を踏まえて4代目にはレバーシフトを選んだ次第。
 2008年モデルではグリップシフトになっているので、その点でも07年モデルで◎!
 これで坂道でもスイスイスーイですよ♪

 取り寄せならカラーも選べたそうなのですけれど、割に日常すぐに必要な相棒ということもあって、店舗在庫のホワイトを。
 白色の自転車っていうと最近だとルイガノのそれが思い浮かんだりしますけれど、ウチの子だって負けてないぞー!(笑)
 そんな白色にちなんで、命名「真白」。
 これからヨロシクーッ!(≧▽≦)



 これで思わぬ出費だなぁ……と思いきや、先日のアンソロジーの原稿料が入ったのでセーフ!
 年始はいろいろと物入りのクセに、入ってくるモノが少ないから助かったですよー(T▽T)。
スポンサーサイト
<< 『聖剣の刀鍛冶』 三浦勇雄 著 // HOME // この物語は知っている。だからといって泣かずにはいられない 『CLANNAD』#14 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/289-ad86d6a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。