本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2007年、感想をアップした本の数は、160冊。
 そのうち【My Favorite!】認定をしたのが、50冊(著者数40名)でした。
 予想はしていましたけれど200冊越えは無理でした……。
 それでもなんとか100冊を目指して、そこからさらに150冊を目指して……というふうに読み進めて、なんとか160冊。

 読書に割ける時間が減ったというのはありますけれど、新人さんに手を出さなくなったところがありますので、そのあたり、総数の減った理由のひとつなのかもー。

 とある本によれば2007年にデビューした新人ライトノベル作家さんは90名にものぼるそうで。
 新規レーベルも増えましたし、むべなるかな。
 しかし、そうなると、うーん……すべてはさすがに追っていけないといいますか……。

 そんなラノベ戦国時代にあって、わたしが2007年新人賞をあげたいセンセは、電撃文庫から『扉の外』でデビューした土橋真二郎センセです。
 一昨年の片山憲太郎センセも同様に言えるのかもですけれど、ラノベでありながら社会性に通じている部分を組み込んだ作品を好みに思う傾向がわたしにはあるみたいで。
 それも多少の「毒」をはらんだ社会性を。
 裏返した物言いになってしまうかもですけれど、そうした「毒」が描かれるからこそ、普段は見えていないこの社会の中の「倖せ」が浮き上がってくるように感じるので。


 ほかに2007年を振り返ると、文庫サイズ以外でのラノベ作家さんを見かける機会がやはり増えてきたなー、と。
 もはや越境というだけではくくれない動きのように思うのですけれど。
 桜庭センセなんて文学賞に名が上がることが当たり前になってきているくらいですし。
 これを「ライトノベルからの卒業」ととらえるのではなく、相互の垣根が取り払われつつあると受け止めるほうが精神的に良いのかなー、とか。


 で、2007年に【My Favorite!】としたタイトルの中で、さらにLOVE!な本を挙げるとすると……
 

伊東京一 『バード・ハート・ビート 夜姫天炎!』
中村九郎 『神様の悪魔か少年』
三浦勇雄 『サクラサク上等。』
アサウラ 『バニラ A sweet partner』
枡田省治 『ハルカ 天空の邪馬台国』

 

 ……以上の5冊でしょうか。
 うっ。
 恋愛モノばかりだわ(笑)。

 それにしても年間FAVORITEに中村九郎センセを選ぶ日が来ようとは(笑)。
 作品の批評についての書き方やスタンスについて論じられることが周期的に起こっていますけれど、批判されても認められても「話題」にならなければこの世界、終わりなのではないかなーと思います。
 批判にさらされても中村センセはここまで生き続けています。
 それだけは、誰にもくつがえすことのできない事実です。


 新人さんが大量に現れる時代、ベテランが追われる時代。
 批判されようがされまいが、業界に残る人は残りますし、残れない人は残れない。
 素晴らしい作品――わたしが、あなたが好きな作品――を紡ぐ人が残るというワケでは必ずしも無いですけれど。
 悲しいけれど、それは真実。
 でも、だからといってなんだというのでしょうか。
 わたしは本を読み続けますし、きっとあなたもそう。
 読み続けていく中で、2008年もまた、素敵な作品に出会えますよう。
スポンサーサイト
<< 2007年【My Favorite!】ライトノベル リスト // HOME // 『ef-a tale of memories.』を見ながらWeb巡回 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/278-458c2b59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。