本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 和狸ナオせんせのエイプリルフールねたから始まった智春の女装ネタ。
 いや、『電撃AprilFool』では女装ではなく性逆転ネタでしたけれど。
 それに触発されたっぽいことは以前に三雲センセも書かれてましたけれど、よもやそれで1冊書き貫くほどだったとは!(笑)

 まぁ、そんな次第でネタから始まったストーリーに若干の背景的進行を加えたものなので、全体の物語として大きく何かがあるというわけではないのですがー。
 終盤に次の展開への引きがあるくらいですし。

 んでも長期シリーズにはこういう回があってもいいかなーと思うのですよ。
 キャラクターの魅力を掘り下げる部分でもありますし、また背景世界を広げる意味もあるわけで。
 そういう点で今回は佐伯妹こと玲子ちゃんががががっ!
 あーもーっ、この子ったらなんて可愛いのかしら!(≧▽≦)
 舞台的な因縁もなにもなくて、純粋にオンナノコとして智春のことを心憎からずと思っているのって彼女だけなんじゃないかしら!
 ……ええ、まあ、だからこそ彼女に作中での勝ち目は無いのでしょうけれど。

 いや、それを言うなら三雲センセの作品ではそれほど恋愛要素って最後まで進められたことないので勝負が有る無いどころでは無いかもなのですがー(苦笑)。

 しかしこの巻での操緒の活躍なんてたかが知れているのですから、せめて表紙に玲子ちゃんを描いて欲しかったなー。
 でなければせめてメイド服姿。
 背景は秋の風景で作中と合っているのですけれど、ならばどうして制服なのかと小一時間……。


 前巻までの重い雰囲気もこの巻で小休止。
 しかし次は運命の巻らしいので、刮目して待ちますよー。
 三雲センセの次回予告?は本当に本当ですから、それはもう物語としても佳境にさしかかっているのだなーと思うと、もうね!


スポンサーサイト
<< fripside NAO project 『Rabbit Syndrome』 // HOME // 『総理大臣のえる! 歴史を変える大勝利』 あすか正太 著 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/264-bb761126
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。