本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10may23_01.jpg

 はい、今年も日比谷オクトーバーフェストの季節が巡ってまいりました。
 オフィスビルが建ち並ぶ都会の中で、憩いの緑が人に優しい日比谷公園を舞台に、全国から集まったビールホリックたちが連日狂宴を繰り広げるイベントです(違います)。

 いや、まぁ、でもですね。
 こんな雨のなか、わざわざやってくるって普通じゃないですよねー(笑)。
 ちなみにこれ、公式の開場時間より少し前の風景です。
 なによ、もう人入って飲み食いしてるじゃないの!
 そしてテントの中はもう9割方埋まってますよ!
 どゆこと!?

 ……まあ、雨模様でしたし時間は少し早めにされたのかもですけどねー。
 ま、それだけの人が時間前に来ては酒宴を始めていたワケで(^_^;)。
 その時間に来ているオマエはどうなんだ!?ってツッコミは無しの方向で願います(笑)。

10may23_02.jpg

 今年は日本初お披露目の銘柄も3種あるとかで楽しみだったんですよねー。
 もちろん飲みましたよっ!

 さらには食べ物も新顔があって嬉しいったら!
 この画像は牛肉のビール煮。
 お箸で切れるくらいに柔らかく煮込んであって美味美味。

 奥にあるのは砂肝の唐揚げ。
 ビールとは直接関係ないかもですけれど、アテとしては最高のひとつですよね~。
 ニンニクに漬けてあったのか風味も香ばしくって、歯ごたえもありうまうま(>ω<)。

 ほかにも丸ごとローストチキンとかあるんだもんなー。
 さすがにそれは自重しましたけれど、せっかくだから食べればよかったかな(^_^;)。


 そんなプチ後悔も抱いているので、もしかしたらあと1回くらい行くかもしれません。
 あるいは行く人居たら呼んで!(笑)

10may23_03.jpg

 でもって日比谷をあとにしたわたしは、一路、青海のZeppTokyoで開催される「TEAM Entertainment Live Act 2010」へ向かった次第。
 新規物販はTシャツのみだったので慌てなくて良かったのは幸いでした。

 観劇スタイルもイス使用だったのは、今日に限って言えば幸い。
 雨だったので傘持ちでしたから、さすがにそれはロッカーに入れられませんでしたしね。
 そして酔っぱだったわたしは入場するなりスヤスヤと眠りの境地へ……。

 多分、あれですよね。
 開演時の注意とかアナウンスされたんですよね?
 ――まったく聞こえてませんでした!!!
 気付いたら片霧烈火さんが登場してきてた(笑)。

 そんな寝起きで始まったLIVEは、片霧烈火さん→真理絵さんと続いて目が覚めた!
 なんといってもClover Heart'sですよ!
 ありふれたしあわせでいいの あたたかな手でだきしめて♪
 まりえーっ!(≧▽≦ノシ

 でも、ちょっと考えてしまうところもあるのですよ。
 こうしたイベント、そうそうたるメンツが集ったなかで、「今回も」Clover Heart'sを歌わざるをえなかった真理絵さんの立ち位置ってものを。
 いや、名曲なんですからスタンダードナンバーだと捉えればいいのですけれど、ね。
 きっといつか見つけよ ちいさなくろばはー。


 真理絵さん目当てでLIVE参加したようなものなので、もう序盤で終わったーと感じてしまったのですがー。
 そのあとはごくごく普通に皆さんの曲を聴いていて申し訳ないことに眠気再来で途中落ちた瞬間もあったのですが。
 しかしeufonius登場で再び覚醒!
 そうでしたそうでした! おふたりも参加されるんでしたっけね!
 忘れていただけとはいえ思わぬご褒美に俺得(笑)。
 いいなぁ、riyaさんの歌声は~。


 それなのにここでハウリングとか無いわー。
 ほかにもちょっと音が壊れた箇所があったように聞こえて残念!(><)
 よりによって……なぁ。


 えっと、で、上の画像はmilktubから贈られていた花束。
 なんかですね、ほかの方が贈ってこられていた花束は白基調で清楚な雰囲気を漂わせていたというのに、milktubからのそれは赤が目立っていて派手だったっちうか(笑)。



 それでもやぱし着席スタイルのLIVEは、肉体的には楽なのですけれどどこか物足りなさがー。
 ECも無かったですし、LIVEっていうか演奏会って印象でしたねぇ。
 ま、皆様のお顔をしっかりと視認できる前から5列目センター付近なんって席だったので、これで不満言っては悪いですか(^_^;)。

 お一人様2曲って流れも、ちょっと……。
 ワンマン行きたいな、そんな気持ちにさせられてしまいました(苦笑)。
スポンサーサイト
<< 拍手をくださったskyさんへ // HOME // 『空をつかむまで』 関口尚 著 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/1143-86b27bd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。