本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 立ち止まっていた日常に区切りをつけて、再び前へ歩き出す中学生のお話。

 成長禍で思うようにいかなくなったことにふて腐れて言い訳をしながら毎日を送っていても、それでも好きな女の子のためにはカッコつけたいという男の子ゴコロ!
 たとえそれが初恋だと気付いた瞬間に失恋だと悟ってしまうような恋だったとしても、彼女のためにできることがあるとすれば男の子は涙を隠して頑張れるものなのですね!!
 んもー、なによなによ!!!(≧△≦)


 失恋は残念な結果だったけれど、彼女のことを、そして彼女が好きな相手のことを考えれば、自分が出る幕などないってことをわきまえてみっともなく悪あがきしない潔さがまた。
 それもただ単に彼女のためを思って……とかなんとか言い訳付けて勝手に身を引くんじゃないんですよ?
 気持ちに気付いて、それをきちんと彼女に伝えて決着をつけてるんですよ!
 なんという男らしさかっ!

 (幼馴染みへの)恋心を描く作品は少なくないと思いますけど、それをきちんと失恋という形へ昇華させてる作品はそう多くないのではないかと。
 さらにはその失恋を始まりとして、続く行動へのモチベーションとして描いている作品となればもっと数が少ないように思うのです。

 恋愛は青春の1シーンではあるけれど、青春の全てが恋愛で色付けられているワケではないっちうか。
 恋愛はきっかけのひとつ。
 そのほかに市町村合併で消滅してしまう故郷の名前、高校に上がれば離ればなれになるであろう地元の友達、中学生最後の夏に催されるイベントへたった一度きりの挑戦、そして心にしこりとなっていた過去の出来事との決別……。
 多感な中学生男子の心を揺さぶる事件がこれでもか!ってくらいに溢れている次第。
 それをまとめあげて物語る関口センセには脱帽ですわ~。



 そして全てが終わったところで平穏無事に着地できるかと思わせたところで急転直下な展開ががが!!!
 世界はそんな簡単ではない、優しくはない。
 そうした事実に胸が痛くなります……。

 でも、だからといって立ち止まっているワケにはいかないのです。
 わたしたちはそんな厳しさをはらんだ世界で生きていくしかないわけで。

 だけれどわたしたちはひとりで生きていくワケでもないのです。
 隣には、きっと誰かがいて。
 その誰かもひとりで生きていく厳しさに負けそうになっていて、支えが必要になっているハズなのです。

 そんな誰かの支えに自分がなれたら――。
 そしてその誰かは、また他の誰かの支えになれたら――。
 そうして人のつながりが世界を覆って行けたなら――。
 生きていくにはこの世界は厳しすぎるというのなら、そこに生きるわたしたちが手を取り合うことで優しくすることができるのでは?


 きっとぼくらは欲望を満たすことを覚えるかわりに、いろんなものを見失っていくんじゃないだろうか。
 赤黒く染まった空に、星がまばらに姿を現し始めた。一番星を見損なってしまった。こういう残念さをぼくはいつまで抱えて生きていられるだろう。


 辛いことが少なくない世の中。
 誰もが傷を負いながら生きていくのだけれど。
 その傷に気付く優しさがあれば、少しだけでも世界は良い方向へ変われるのでは?
 そんな可能性を信じられる作品です。

 ホント、関口センセの作品は、チャプターの最後の一文の破壊力がパネェ……。
スポンサーサイト
<< 日比谷オクトーバーフェストとTEAM Entertainment Live Act 2010 // HOME // ワンラブジャマイカ、行ってきた~♪ >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/1142-ed6b4a28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。