本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 『化物語』「第四巻 / なでこスネイク」の発売日が1ヶ月延びた~(TДT)。
 いや、しかし、これは修正カットが膨大になった結果だと、良き方向へとらえて待ちましょう。
 暦おにいちゃんなら待てるハズ!(><)



 『東のエデン 劇場版Ⅰ The King of Eden』 観てきた~。
 初心者お断りな漢ップリ仕様に感動したわ!(笑)

 冒頭、咲が巻き込まれていく導入部にはムリクリ感をおぼえたのですが、振り返ればそれすら物語の一部であったという。
 ムリクリ感をおぼえることすら手のひらか!(><)

 まあ、流れについては理由付けられても、咲の言動にはそれでも違和感が残ったのですけれど。
 んでもそういうキャラクターだと言われれば納得できなくもないので、見解の相違かなー。
 その後、再会できた滝沢くん!の、ある種割り切った立ち振る舞いも気になる人は気になるでしょうしー。


 あー、うん。
 再会できて良かったね、と素直にあそこは思えたわ~。
 滝沢くんと咲がどうして一緒になって、そしてどうして別れたのか。
 TV版の流れがあって、それを感じ取れる人にはひとつのゴールだもんなぁ……。


 で、再会してからの展開がチョー熱い!(≧▽≦)

 いびつな社会に苛立ちを感じながらも、真っ向から立ち向かうニートたち(笑)。
 激しさを増すセレソン同士の確執。
 脱落していく者もいれば、そこから這い上がってくる者もいて。
 泡沫っぽいニューフェイスなセレソンもちょっとしたスパイスになって場に彩りをもたらしてくれましたし、TV版からつながる者には浅からぬ想いの強さを感じたり。

 №11 黒羽さんが……ホントに、さぁ。
 あんた、マジでいい女だよ……(T▽T)。
 終盤は完全にこの人が持っていったね!!!

 TV版からいろいろな個性的なジュイスが各セレソンに従っていましたけれど、黒羽さんと彼女のトコのジュイスのつながりに泣けたわー。
 あそこまで信頼を築けたふたりの関係って、他のセレソンには(今のところは)見られないですもん。
 滝沢くんトコのジュイスは滝沢くんをそれなりに尊敬しているようには見受けられるのですけれど、黒羽さんとこほどの強さがまだ感じられないかなー……って。


 もう、『劇場版Ⅰ』はジュイスの声を聞きに行くだけでも価値あると思う!(≧△≦)


 『劇場版Ⅱ』は3月へ公開延期ですかー。
 んもー、続きが気になって仕方がないわ!!

 政権交代してからもリアルのほうでは希望が見えない時代が続いているので、さてフィクションではどうやって日本を救ってくれるのか、なにか確かなモノが見えてきたらいいな……と思います。
スポンサーサイト
<< 『人類ネコ科』を読み直ス // HOME // 『植物図鑑』 有川浩 著 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/1089-7250d511
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。