本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 歳の差オフィスラブな恋愛小説かと思っていたらエロ小説だった――!!!
 なにを言っているかわから(ry

 32歳の優秀な営業主任の女性が年下の23歳の部下に求愛されてメロメロになってしまうお話。
 いや、メロメロっていうかヌレヌレっていうか(笑)。
 もう、とにかくセックスしまくりだった……。
 こんなお話だとは思いも寄らなかったデスヨ。


 ひと回り違う歳の差を思い悩み、彼からの求愛を素直には受け止められなかったトコロ、彼はその愛を身体で教え込ませていくという。
 まぁ、ベースには事故で両親を失って天涯孤独になったという女性の社会的立場の難しさとか、かつての恋愛で失敗していることから臆病になっていることとかがあって、そこからあらためて倖せの階段をのぼっていくハッピーストーリーなのですがー。
 いや、それでもエロ小説では?とか思ってしまうー(笑)。

 「絶倫」ってキャラ付け、はじめて理解した気が。
 ここまであっちに強い男性って、本家?のエロ小説でも見ないような……。

 もっともあちらはシチュエーションを入れ替え入れ替えしてエロシーンを多く描く必要があるため、1シーンごとの回数は多くはなりにくいってこともあるかもですが。


 まぁ、とにかくヤリまくりな次第。
 営業先で、会社で、自宅で、実家で、車の中で、結婚式の控え室で。
 うーわー……(≧△≦)。
 年上ということもあって恋愛に引っ込み思案な女性が自信を失いかけるとセックスで愛情を伝える男性……ってパターンなので、もう、とにかく!(笑)

 うーん……。
 極端ではありますけれど「自分に自信を与えてくれる相手」ってことで王子さま願望の作品なのかなぁ……。
 自分で自分自身の価値をそこまで高くはつけられないけれど、世界のどこかに自分を絶対的に求めてくれる相手がいますよー……ってメッセージで。
 認められたい、認めて欲しいって願望は、いつの世も存在するものですし。


 WEBサイトで公開されていた作品ということで、メディアによっての求められるものの違いっていうのもあるのかなー。
 シチュエーションにズバッと切り込んでいって勢いつけて衝撃的展開に持っていくというか。
 携帯小説などでも同様かと思いますけれど。
 とにかくセンセーショナルな要素を連続していかないと読者の関心を引き留められないマーケティング?みたいなみたいなー。



 余談。
 わたしこれ、電車の中で読んでいたのですけれど、わかる人から見れば
 「あの人、電車の中でエロ小説を堂々と読んでる~w」
 ……って状況だったんでしょうか。
 は、恥ずかしいわ……!(≧△≦)
スポンサーサイト
<< 『クイックセーブ&ロード2』 鮎川歩 著 // HOME // 『剣の花嫁 山妖奇伝』 夏目翠 著 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/1077-309f29d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。