本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 中学2年生、総勢35名のクラスで描かれる「好き」という感情の行方。
 通じ合う気持ち、これから始まる気持ちがあるなかで、届けられる予感も結ばれる期待も無く行き場を与えられない気持ちが教室には充満しているという。
 あー、もう!
 こうした感情の切り取りかた、まさに豊島センセの真骨頂ですわ~!!!(><)


 気持ちの届け方、昇華の仕方を心得ていない幼さやつたなさが愛おしいデス。
 なんちうか、こう、風船の中で気持ちがどんどん膨らんでいくカンジ。
 破裂するまで外の世界に開放されることがないという。

 あまりにも真剣すぎて余裕がないのもまたカワイイっちうか(^_^;)。
 世界は「2年2組」の教室で閉じられているワケではないって教えてあげたいのですけれど、少年少女たちにはその世界が全てでもあるのですよね……。
 だからこそ真剣になるという。
 歳を経て、外の世界を知った大人は「次がある」と考えてしまって、ひとつの恋に真剣にならなくなるのかなー……。

 14歳の身空で語る感じるトコロの「真剣な恋」といってもやはり「14歳」のそれでしかないのですが、だからといってここで描かれている恋が一生物にならないとも限らず。
 次があると思いもつかず、ただ今の時間を生きることに必死になる強い感情。
 このパワーこそが若さなのかなー……(^_^;)。


 掌編が集められた作品ですとどのお話が良かったかとか考えるのが常なのですが。
 んもー、眩しすぎるよキミタチ!(><)
 選んだりなんかできませーん!!!
 どの気持ちも切なくて切なくて、少しだけ甘酸っぱくて。


 あんまり嬉しくなかった。いつかそうしたいと考えていたはずなのに、達成感よりずっと、苦しさのほうが胸を満たした。やわくて熱い、やらしい唇、でもくっつけ合ったってなにが変わるわけじゃない。俺たちはいっこといっこのままで、同じ願い事を抱くことすらできない。


 せつねぇ……(TДT)。
 なんてこと考えてるの、中学生……。
 でも、そこまで考えられるのは羨ましくもあります。
 初恋って……うんうん、こういう気持ちだったんですよねぇ(≧_≦)。

 愛おしさと寂しさと、嬉しさと不安と。
 たくさんのドキドキにあふれている作品でした。
スポンサーサイト
<< 『剣の花嫁 山妖奇伝』 夏目翠 著 // HOME // 『14f症候群』 壁井ユカコ 著 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/1075-772065a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。