本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 十数年前、静かな田舎町で起こった少女殺人事件。
 事件の関わった者たちが「あのとき他に何が出来たか」「どうすれば良かったのか」と懐古の念に囚われ、現代までその想いを引きずってしまう悲劇。
 忘れようとしても忘れさせてくれない呪いのような想いが向けられ、それがまた次の悲劇を生む連鎖となってしまうという……。


 当事者の独白で過去の出来事が明らかにされていくというスタイルは『告白』でもお馴染みの湊センセらしい構成でした。
 ただ、そのぶん内容をどうしても『告白』と比較してしまうのですよねー。
 んー……正直、明らかにされていく展開、真実などが凝りすぎているカンジがして。


 個々のエピソードとしてはそれぞれが興味深い内容を披露されていっているのデスヨ。
 でも、エピソードをつなぐ大筋の中での要素がわかりにくいような……。
 凝っているようでいて、しかしそのせいで迂遠すぎるっちうか。


 今作は、事件当時その場に居合わせながら愛娘を救えなかった同級生たちを「人殺しと同じだ」となじる母親と、その言葉を呪いのように受け止めてしまいその後の人生を「贖う」ために生きることになってしまった同級生たちの悲劇なのですよね。
 誰が悪かったというものでもないのだけれど、かといって全て善かったワケでもなく。
 もちろん確かな「悪」は犯人であることは間違いないのですけれども。

 善でもなく悪でもなく、ただ世の中ってうまくいかないものだなぁ……というやるせなさを感じるのもセンセの作品の特徴ですか。


 特徴といえば「大衆の無作為の悪意」みたいなものもありますね。
 集団心理の凶暴性というか、無責任であるがゆえに放たれる善意を装った攻撃性というか。

 生徒を助けるための行動について激しい非難にさらされた教諭の──
──あなたたちの子どもなど、助けなければ良かった。

 ──という声はあまりにも痛烈です。


 行動を起こせば必ず結果が発生します。
 結果があれば、大衆は各々が好き勝手に自分の気持ちをぶつけることができてしまいます。
 それが、いまの世の中でいうところの「自由」というもの、らしい、ですから。
 批難を望まないのであれば(望む人なんているのでしょうか?)、行動しなければいいのです。
 行動しなければ結果も生み出されませんから。


 世界に漂う停滞感というものは、そんな「自由」な空気が生み出したものなのかも。

スポンサーサイト
<< 『純潔ブルースプリング』 十文字青 // HOME // 『葉桜が来た夏5 オラトリオ』 夏海公司 著 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/1064-0bb54405
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。