本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 腕に憶えある自称“正義の味方”が、自分勝手に「悪」認定した相手をバッタバッタと打ち倒していく活劇モノ……とでも言えばいいのかしら。
 わたしからすれば主人公の“正義の味方”なんて言い分は全く同意できないものでしたし、「悪」を破る方法論にしても不快なものでした。

 なんちうか、主人公が目指すところの正義とやらが陳腐過ぎに思えるのです。
 「タバコを吸いたければ二十歳を過ぎてからにしろ。高校生の分際で喫煙しているオマエらは『悪』だ」というあたり、もうどう言って良いやら。
 つまり彼自身の理念とか思想とかそういう部分は無くて、社会法規を遵守することが正義……なんですよね?

 正しいことをしている自分に言いがかりを付けてくる輩はすべからく『悪』。
 クズを逮捕して市民の生活を守った警察は『正義』。

 うーん……。


 そうして『悪』認定した相手を倒すやりかたも「最後に勝つのが正義」理論でなんでもありのやりかたで。
 金的、不意打ち、目つぶし、なんでもOK。
 「始め」の声が掛からないとスタートできないスポーツは軟弱モノ。
 でも「さすがに女の髪を引っ張り回すのはできない」そうで。
 お優しいことですね。


 唯一、賞賛できるとしたら過去に遭った事件を教訓に鍛練を積んで「守れる強さ」を得たことでしょうか。
 でも、そうして得た強さを“正義の味方”だと吹聴してひけらかすようにしている態度が安っぽく見えるのかなー。
 「守る」ことがいつのまにか「討ち滅ぼす」ことに転化しているんですよねー。

 わたしはその態度や行為や思想を暗愚だと感じて、いつかそれが正されることを期待して読み進めていったのですけれど、それは叶わず。
 小さなドローはあったにせよ主人公は連戦連勝、ひたすらに己の正義を邁進していくのです。
 さしたる困難も無くラスボスをも討ち滅ぼし、今作の世界では主人公に敵う存在が居なくなりまさに彼が「法」となったのです。

 うーはー……。


 ヒロイン格の女の子がふたり登場していても、どちらも「女の子」という以上のポジションは与えられなくてこれといって活躍も見られずというのも安っぽいっちうか。
 「駒」というレベルにとどまって、生きているキャラクターには感じられなかったデス。

 展開もキャラクターも、わたしには信じられない作品でした。
スポンサーサイト
<< 『ステップ』 重松清 著 // HOME // 盛り上がりに欠けたF1日本GP と 盛り上がりを見せた男子ゴルフ コカ・コーラ東海クラシック >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/1058-a756fa24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。