本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 いいね、いいね~。
 ひとときも落ち着くことのない、賑やか続きの学園探偵ライフ!(笑)

 前作「卒業式編」で表された謎めいた部分が、展開が進むにつれて意味と重みが浮かび上がってくるという。
 「爽快なフィナーレまで一気呵成に突き進む」とのコピーに偽り無しですわ~♪


 個々の小話におけるトリックは極めてベーシックなものばかりだと思うのです。
 だもので一見すると易しいミステリかと思ってしまうトコロなのですけれど、やぱし本質を知るには「卒業式編」と併せないとダメですよね~。

 続けてみると前作と今作で「起承転結」がきっちり成されている感が。
 全体のくくりでみた「謎」は前作でしっかりと提示が済んでいて、それでいながら今作では新キャラ登場して伊神さんも居ないという急変事態からのスタートで、まさに「転」。
 さらに全てが明らかになって物語が集束していく後半は、「結」としての形が見事に表されているっちう。

 前後編として著しているのではなく「卒業式編」と「新学期編」。
 前後編となっていると後編が明らかになるまで作品としての体が成されない印象を受けるのですけれど、今作においてはそれぞれが独立して作品として独り立ちしているのですよね~。
 しかし併せてみたときはより大きな物語が形作られていることに気付くわけで……。
 アイディア賞的なトコロもあるでしょうけれど、この構成力は評価されるべきだわ。



 新キャラの希ちゃんの登場によって柳瀬先輩の立場にも緊張感が(笑)。
 攻めているようでいて確かなところまでは踏み込まない先輩の態度は、ミノが言うところの「ウチの部長もグズグズしてるから……」というセリフに集約されるものでしょうねぇ……。

 まぁでもしかし。
 柳瀬先輩って部分的にはきちんと乙女しているオンナノコですしねぇ。
 そこまでストレートには表現できたりしないですか(^_^;)。
 それにまだなにか隠している部分もあるように感じられるので、読み手が受ける気持ちがそのまま当てはまるのかも微妙なトコロかもですしー。

 葉山くんの鈍感さも少し異常なくらいでコメディ過ぎるところがあるのですが。
 でも、そういう彼でなければ柳瀬先輩の気持ちもある程度まで表面化しないといけなかったでしょう。

 物語から要請される部分があるにしても、キャラ造形がきわめて理にかなっているのだなぁ……と思わされます。



 卒業しても伊神さんは気軽に登場してきてますし、シリーズとしてはまず安泰でしょう(笑)。
 希ちゃんが代わってその役を担うかもですしー。
 あとは葉山くんがオトコを上げる展開が――(^_^;)。
 今後が楽しみなシリーズです。
スポンサーサイト
<< 『あまうさ ~ツキニウサギ~』 黒田百年 著 // HOME // 武井伸吾写真展「星の降る場所」へ行ってきた~ >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/1050-aa214703
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
名探偵の伊神さんは卒業、葉山君は進級、そして迎えた新学期。曲がり角が衝突したことがきっかけで、可愛い一年女子の佐藤さんと知り合った。入学以来、怪しい男に後をつけられてい...
[ 粋な提案 ]
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。