本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 なんでしょう。
 昨日あんなことを書いたからか――
 岡田監督、亀裂阻止!俊輔・本田対立報道に待った
 なんて記事が(笑)。

 まあ、マスコミとしては対立関係があったほうが記事を面白可笑しく書けるのでしょう。
 (そういう意味ではこっちの記事のほうが正確性を保っているかも)


 でも、このタイミングでこういうコメントを監督から出されると、安心するより不安が増してしまうような気も。
 信憑性が高まってしまうっちうか……(^_^;)。

 事実、今日のvsガーナ戦。
 本田選手は今回も後半途中交代でピッチに立ちましたが、彼が入ってからの15分間はまったく右サイドからの攻撃が無かったのはどういうことなんでしょうか、ねー!
 本田選手がどれだけフリーでも、左の長友選手がどれだけマークされていても、あくまで左サイドからの勝負にこだわる日本代表。
 こうまでハブられてるとは思わなかったです……(T▽T)。


 15分で本田選手無視が収まった理由も、そこで興梠選手が交代で入ってきて本田選手も中央よりでプレーするようになったことから、システムの変更で無視できなくなったのではないかと思われ。

 もっとも、その徹底した左サイドからの攻撃で怒濤の逆転劇を演じたのですから、結果が全てだよなぁ……とも。


 結論からすると、いまの日本代表に本田選手は要らないと思う次第。
 必要とされていないってことは、要らないってことでしょ?

 そしてもしかしたら中村選手も要らないのかもとか思ったー。
 少なくとも今日に限って言うなら、中村選手がOUTしてからのほうが展開良かったですもん。

 もうひとりの中村である中村憲剛選手もなぁ……というのがわたしの印象。
 決めもしますけれど、逆に決定機での凡ミスが少なくないですし(決定機を得るというポジショニングセンスはすごいと思います)、接触プレーが多い印象が(倒れ込んで試合の流れを止めやすい)。


 んで、今日のガーナ戦の感想なのですがー。

 中村憲剛選手が決定機を決めきれなかったせいで苦戦したと思えることがひとつと、失点のほとんどはDF陣がガーナを甘く見ていたせいだからではないかと。
 どうしてあんなに高くCBのふたりが位置取りしていたのか。
 防御より攻めですか?

 さらに3点目の失点は、相手の出方を待って1点目を失ったことを反省したGK都築選手が、今度は飛び出してみたら見事にかわされたという形。
 もう、見事すぎて笑えなかったわー。
 ちなみに1点目も3点目もCB陣に反省っちうか修正は見られませんでしたか。
 身体能力で抜かれたことになんの対応もしてこないCBなんて不要じゃないの?


 もちろん攻撃陣にも不満は感じていて、試合前岡田監督は
 「ボールをシンプルに動かすことも大事だが、目的はあくまで点を取ることだ。(得点するための)手段が目的になってはいけない」
 と、仰ったそうですが、結局得点したのはそのシンプルにボールを回したときだったのでした。
 それ以外のときのペナルティエリアの外で横パスを繋いでいく様にはイライラしたわ!(`Д´)
 あんなことをしていたんじゃあ、そりゃオランダから「脅威ではなかった」とか言われても当然。


 勝てて良かったのか、正直わからなくなります。
 この結果を受けて現状を肯定するような意見があふれるようでは危ういのではないかと危惧してしまうのです。
スポンサーサイト
<< 『クイックセーブ&ロード』 鮎川歩 著 // HOME // 『ミスマルカ興国物語Ⅴ』 林トモアキ 著 >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/1037-a9a34b83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。