本やアニメの感想と、日々のつれづれなることを~。
プロフィール

鈴森はる香

Author:鈴森はる香
独断やら偏見やら、感想と妄想が入り交じるサイトです。
Twitter

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索

RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 『CENCOROLL』 見に行ってきましたー。
 さすがに舞台挨拶ありの夜の部はチケットとれなかったので、モーニングで。

 んーと。
 鷹見一幸センセの著作『でたまか』に、憎からず想っているオンナノコから初めて手料理を振る舞われるというシーンがあります。
 そこでオトコノコは、こんなことを言うのです。

「手作りというところに価値を認めて欲しいなら事前にそう言っておけ。そうでないと味を評価してしまうかもしれない」

 もちろんそれはオトコノコの照れ隠しの発言でもあるのですが、今回観賞した『CENCOROLL』についてわたしが抱いた感想で、ふとこの言葉を思い出してしまったのです。


 アニメはアニマだから始終動かしているという点には評価を与えられるのですけれど、それのみに終始して「なぜ?」という提起を与えられていない部分では技術偏重の古いアニメーションではないかと。
 あるいは「個人」の部分の限界。

 ご本人の言葉では尺(30分)を考えると説明を入れるには短すぎるのでいろいろと省いたとのことですが、しかしこれを「短編」という表現方法で考えてみるのも難しいのではないかと。
 もともとこの世界へのフックが限られているというのに、省いたことに対して凝縮されたなにかが残されているようにも感じられなかったのです。

 キャラは個性の片鱗をカンジさせるにしても、各キャラともその扱いが軽すぎて魅力を伝えられるに十分な場を与えられていたとは思えなかったデス。
 もったいないなー。


 監督もプロデューサーも「動き」についてのこだわりを語っているのですけれど、それなら何故トレーラー版から「動き」のカットを減らして本編としたのか納得できないっちうか。
 「動き」が『CENCOROLL』という作品にとっての魅力であるのはトレーラーを見たときからわたしにだってわかっているのに、それを減らしてなにをかいわんや。
 それは結局、当人たちがこの作品の魅力を描く方法論を見失っていたということにつながらないかなぁ……。


 「作っている」 しかし「描いてはいない」。
 そんなことを感じた作品でした。
 パンフで続編の可能性に触れていましたので、よほどのアニメファンでなければ続編が発表されてから観賞するのでも良いのではないかなー……。
スポンサーサイト
<< ステーキとラプターで乾杯! 横田基地日米友好祭 // HOME // ワガママちゃんはリアルでもバーチャルでも同じ行動をしている? >>

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://maturiya.blog107.fc2.com/tb.php/1018-22a65928
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。